ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
金色のコルダ3 AS神南(2)
神南編1周目終了!
1周目から5人同時攻略でいきました。

最終期間が帰宅中イベントが重なってて
律がかなりギリギリになったけれど、
それ以外は特に苦労もなくいけました。
天音の後だと同時攻略が楽だなーと思った。
というか、天音がやりにくいんですね。

最初に選んだ楽譜が愁情だったため、
大地を逆注目で、他4人は珠玉ルート。
ああ、こんな話だったな、懐かしいなぁ!
と思いながらプレイしていました。

でも、結構4と記憶が混じってて、
あれ、このエピソード4じゃなかった?
あれ、ここであの話なかったっけ?
ということもちらほらありましたね。
これは4もまたやりたくなるフラグ!



今回の天宮さんは相当嫌な人に見える。
かなでに会わずに恋を知らないままだと
こうなるということなんだろうか。
というか今回の天音はラスボスじゃないし
ものすごく存在感が薄いよね!



そして今回もみんな大好き志水くん。
作曲家というのが話題に出しやすいのか
本当にみんな志水くんの曲が大好きだな!
土岐曰く、優しい曲を作るそうです。



地味に嬉しい美咲ちゃんのセリフ。
ジンナンズファンは他人を攻撃しないので
最終的にお友達になれそうなのが良いよね。
ちゃんと音楽を聞く耳も持ってるし。

続きから、各キャラ感想です。


read more ?
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
金色のコルダ3 AS神南(1)
今回からAnother Skyの神南編です。
ただし、神南はPSP版でプレイ済みで、
その時に確か日記も書いたはずなので、
いつもよりサクッといきたいと思います。
同じ場面の写真撮ってそうな気がするけど
その辺は気にしない方向で・・・。



至誠館編の転校理由は母親の転勤、
天音編は学校案内が送られてきたから、
神南の場合はヴァイオリンの先生から
今のままでは演奏家としては難しいと言われ、
現状を打破するために先生の母校に行く
という流れになっています。

故郷にヴァイオリンの先生がいるのは
考えてみれば当然のことなんですが、
神南編以外ではまったく存在しないので、
先生いたの!?と少し驚きますよね。
神南は普通科なので音楽の道を諦めても
普通の受験にも対応できるとのこと。

そういえば前回の天音学園では、
音楽教育に特化して一般教養は最低限だから
普通の受験には不利だという話題があった。
そう考えると別に音楽科でもないのに
コンクール優勝候補の神南って凄いよな。



熱烈な神南ファンのひかる&美咲コンビ、
地味にアナスカシリーズのレギュラーです。
この子たちあまりにも熱烈で怖いんだけど、
他の子に嫌味を言ったりとかはないので
わりと微笑ましく見れる好きなキャラです。
柚木親衛隊は怖かったよな・・・。



東金さんは態度は大きいけど器も大きく、
面倒見も良いので部長としては一番有能かも?
律は言葉が足りない&スパルタ方式だし、
冥加さんは指導する気なんてさらさらないし、
八木沢さんはどうしても楽器が違うから
専門的な指導まではできなかったしね。

逆境すぎる至誠館を経験すると、
神南の恵まれた環境の幸せを実感します。
海に行く!と言って沖縄に連れて行かれたり、
いきなり有馬温泉に連れて行かれたり、
ヴァイオリンの勉強になるからと
神戸・横浜間の新幹線の回数券をくれたり、
とにかく豪華に甘やかしてくれます。
部の雰囲気も良いし、本当に環境が良い。



そんなわけで、部長副部長に振り回されつつ、
充実した生活を送っています!楽しい!

ちなみに神南の場合、
予選の西日本大会は主人公不参加です。
(西日本大会に主要キャラがいないから)
代わりにこの期間に部内選抜の育成をして、
星奏との演奏会で認めえてもらえれば
セミファイナルから正式に参加することに。
なので普通にいくと他と比べて1試合少ない。
まあ、最後に帳尻が合うようになってるけど。

神南の大会がセミファイナルからなので、
いつも東日本予選で負ける至誠館と戦えない。
そのため、今回は天音が函館校との合同名義で
北海道ブロックから参加になっています。
いろいろと苦心の跡がうかがえますねー。

現在はファイナルの期間に入ったところ。
大地のみ逆注目で、他4人は珠玉狙いです。
ストーリーはある程度覚えているけど、
なつかしいなぁと思いながら楽しんでます。
そして、芹沢やっぱり好きだなー。
神南は攻略キャラ5人中4人が3年生なので
唯一の2年生の芹沢がとても心強い。
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
金色のコルダ3 AS天音学園(6)
横浜天音編4周目!
今回は最後に残った冥加逆注目と
抜けイベントの関係で氷渡、響也珠玉。
まったく狙っていなかったのに
勝手に上がってた天宮珠玉もできました。

天宮は最初からアンサンブルにいる上に、
今回序盤は清麗曲ばかり練習していたので
もらえる表現が天宮のしかない時期があり、
その関係で練習してるだけでガンガン上昇。
それでなくても親密度は上がりやすい印象。
天宮のイベントで親密度不足で止まるのは
あまりなかった気がしますしね。
七海は意識してないと親密度不足で止まる。



そんな上がりやすい天宮がいるので
函館の夜景はいつも天宮だったんだけど
今回氷渡と見ることができました。
氷渡は本当に最初の頃のチンピラ具合と
まるで別人だよなーと思います。
ツンデレのお手本みたいなヤツだった。



響也のイベント17・19が未回収で、
いろいろ調べてどうにか回収しました。
セミファイナル期間中に発生だけど、
あまり親密度を上げすぎていると
メインの方のイベントが進行してしまい
サブイベントが飛んでしまうのかな?
加えて響也が正門前にいる時限定なので
運が悪いと見ることができないのかも。

イベント17は580くらいに抑えて、
昼に「これが、オレの限界」が発生後、
午後になったらイベントが出現しました。
その後590に上げてメインを進行したら
正門前でイベント19が発生となりました。

氷渡は響也との同時攻略時に発生の
「恋でもライバル」というやつですね。
響也の♪が4つになっているのが条件かな?
氷渡が元町通りにいる時に発生しました。
内容的に山下公園でも起きそうだけど、
確認していないのでよくわかりません。

やっぱりファイナルは星奏戦の方が
盛り上がるよねということで、
響也の珠玉も最後までこなしました。
函館天音と戦っても面白くないんだよ。
だってそりゃ因縁が全然違うもの。

続きから、冥加さん感想!


read more ?
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
金色のコルダ3 AS天音学園(5)
横浜天音編3周目!
天宮・七海の逆注目リベンジです。

2人だけにしようと思ったけど、
気付いたら氷渡も攻略してました。
いやまあ、2人だと結構余裕ありすぎて
暇なんですよね・・・ということで。
3人だと適度にスケジュールも埋まるし
曲の弾き込みもちゃんとできるしで、
ちょうどいいなと思いました。

今回は愁情ヒロインなので、
切なげな曲調が得意なわけですが、
それを見て感情豊かだと感じる天宮と、
大人っぽいと感じる七海の違いが面白い。
愁情って清麗や彩華に比べると
なんだかよくわからない言葉だしね。

ほぼ最速でイベントを起こしたので
今回は時間に余裕をもって回収できました。
前回の天宮は一体なんだったんだろうか?
もしかしてランチデートとかぶってて
無意識に天宮の方を断ったのか?
だとしたら、恋愛イベントの方は
1回断るともう発生しないということか。



有名な作曲家となった志水くんの話題も。
志水くんはチェロの人なので、
やっぱりチェロの2人(ハル・七海)が
話題に出すことが多いなぁと思いました。
それにしても冬海さんのその後だけ
よくわからないのがなんだか寂しいな。

続きから感想です!


read more ?
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
金色のコルダ3 AS天音学園(4)
横浜天音編2周目!
響也・氷渡の珠玉&天宮・七海の逆注目。
ついでに冥加さんの珠玉も狙ったけど、
今思えばこれが大きな間違いだったなー。
えー今回の結果を先に言いますと、
逆注目の2人は両方失敗しました・・・。

天宮・七海の逆注目の条件は愁情です。
最初の楽譜にはない曲調だけど、
天音編は最初の期間から2曲必要なので
2つ目の楽譜が比較的早く手に入るのと、
第2期間の課題曲が愁情ということもあり、
至誠館の時に比べれば回数達成は楽だった。

ただ、どういうわけか天宮のイベントが
途中から進まなくなり、最後までそのまま。
ずっと「帰宅まで進めよう」とあるのに
まったく発生しないまま終わっちゃった。
映画に行きたかったよ・・・。

七海は攻略のヒントにあるイベントは
最終日にギリギリで♪4までできたのに、
なぜか大会前の選択肢に出てこなかった。
そういえばパンダグッズの店のイベントが
なかったので、それも必須だったのかな。
ギリギリで間に合わせたはずだったのに!

どこまで遡ればいいのかもわからないし、
もう最初からやり直した方が早いだろう。
冥加の逆注目も残っているから、
これは4周することが確定・・・かな。
逆注目の股がけは可能なのだろうか・・・。
欲張って両方失敗したら最悪だよね・・・。



ということで、今回は響也と氷渡のみ。
晴れて攻略キャラに昇格した氷渡くん、
手先が器用で美術が超得意だったという。
こんな個性的な格好をしている彼ですが、
「かっこいいね」とか「すごいね」と言うと
ガンガン好感度を上げてくれるという
とってもわかりやすい人でした(笑)
至誠館の長嶺さんのわかりにくさを思うと、
このわかりやすさは和んじゃうよ!

チンピラみたいだったのは最初だけで、
どんどん可愛くなっていって面白かった。
貴重な同級生キャラ成分を補ってくれて
期待していなかったけど満足しました。
天音は他3人もみんなどこかおかしいから
すごく常識人に見えたのも面白かった。
変なメイクしてなければもっといいのに。



冥加さんは、お弁当のお返しのビーズを
集めるとイベントが起きるみたいなので、
ひたすら食べさせて集めてみました。
ブレスレットを作るイベントなんですね。
想い出に登録されないっぽいのが残念だ。

続きから、各キャラ感想です。


read more ?
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |