ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
金色のコルダ3 AS天音学園(9)
オクターヴの情報も出てきてますが、
先生と理事長が高校生に若返ってるのが
個人的には嫌でちょっとどうしようかと。
オッサンだから良いのに!なんでなの!
リリがでかくなってるのもなぁ。
夢浮橋みたいな感じでよかったのに
どうして全員高校生に統一なんだろ・・・。

さて、Another Skyシリーズ最終回!
いやぁ発売から2ヶ月かかりましたよ。
でもPSP3本+1本分と考えると
速かったような気がしなくもない・・・。



最後はトーノを攻略します。
ソラとトーノは同時攻略不可なんですね。
ファイナル期間に入るところで
ニアからどちらが本命か聞かれます。
選ばなかった方は即パリーンなので、
同時進行できるのはここまででした。
これはさすがに心が痛みますね・・・。
ニアも家でそんなこと聞くなよ!



そうえばサンセシルの冴香様が、
異様に存在感を放っていましたね。
早期予約特典だかBOX特典だかで
この人も攻略可能になるみたいですが、
私はそこまで興味なかったのでスルー。
でも人気ありそうなのはわかります。
ちなみに初めてこの人を見た時は、
ペルソナ3の美鶴さんみたいと思った。
ちょうどP3Pが出た後だったしね。

続きからトーノ感想です!




・トーノ
外見は大人っぽく見えるんだけど、
音楽が大好きだったりお人好しだったり、
みんなとの絆を大事にしたり、
結構無邪気な面もちらほら見えてきます。
基本的には明るくて主人公の味方なので
すごく良いヤツという印象。

コンクールが大好きで魔法も使えて、
言動がいろいろリリと重なるところがあり、
この人もしかしてファータなのでは・・・?
と思ってたけど、まさにその通りでしたね。
見た目はソラの方が妖精っぽいので
こっちかよ!と思ってしまった。



その正体は、幼い頃のかなでが演奏した
「愛のあいさつ」から生まれたファータ。
7年前のコンクールからかなでの音が変わり、
笑顔が減ってしまったことを気にしていて、
その笑顔を取り戻したいという思いから、
人間になるために函館天音学園へ向かった。
人間になる魔法を受けた代償として
かなでとの思い出をなくしてしまったため、
出会った時のトーノはまだ気付かない。
でもかなでと一緒に音を重ねていくうちに
あの時の少女だと気付いていくんですね。
トーノの愛の深さに感動した・・・!

最後はファータの宿命なのか、
魔法が消えて姿が見えなくなってしまう。
リリとの別れを思い出して泣けました。
姿が見えなくなっただけで存在はしていて、
ずっと側にいてくれるのはわかるんだけど、
やっぱり悲しい・・・悲恋はつらい・・・。
そしてこの後のかなでも心配です・・・。
ソラとニアが励ましてくれたのかな。
いつか再会できる日が来るといいな・・・。


最後はしんみりしちゃいましたが、
これで函館天音編コンプです!



おまけシナリオかと思いきや、
かなりちゃんと作られていましたね。
欲を言えばもう少し函館を楽しみたかった。
せっかく函館の学校という設定だったのに
結局ほぼ横浜で終わっちゃったからなー。
函館は冥加さんの新撰組コスプレと
天宮さんがイカを顔に貼り付けていたのと
それくらいしか印象に残らなかった。

それにしても函館天音とは何だったのか。
夢の世界の話なのかと思ってたけど、
他の学校に入ってニアが星奏にいる時でも
ソラは函館天音に存在してるんですよね。
妖精が見せた幻とかそういう類のものか?
アナスカシリーズがそもそもifの世界だし、
あまり深く考えない方がいいのかな。

函館編は難しいイベントもなかったようで、
2周でほとんど埋まっちゃいました。
途中のセーブデータからやり直して、
音楽とランチドルチェの回収をして完了。
無事にプラチナトロフィー達成!

トロフィーはアルバムとイベントだけで
音楽は別にコンプする必要なかったんだけど、
ここだけ空いてるのもアレなので埋めました。
最後に残ったのは神南演奏曲「調和の幻想」
これ横浜天音編では何度やっても出なくて
泣く泣く諦めた曲だったんですが、
函館天音編では3回目くらいで出てくれた。
横浜編をやり直さなくて済んでよかったです。

どの学校も面白かったなー。
ゲームが終わる頃にはどの学校に対しても
それなりに愛着がわいてくるもんですね。
芹沢、火積、氷渡、トーノ、響也あたりが
特に好きだなーと思いました。
見事に同学年キャラばかりだな・・・!
でもやっぱり星奏が一番安心するな!

このままの勢いで途中だったコルダ4の
フルコンプを目指そうかと思ったけど、
攻略キャラが多すぎて面倒に感じてしまう。
アナスカシリーズの3〜5人というのは
ちょうどいいボリュームなのかも。
あと4は用語辞典コンプがキツすぎる。
あれさえなきゃ頑張る気になるのに!!
まあ、気が向いたらということで。

楽しかった!コルダ3大好きだよ!
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |