ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
金色のコルダ3 AS神南(3)
神南はアナスカシリーズの最初の作品なので、
至誠館や天音とは少し違う部分もありますね。
負けイベントは1周目で回収してるんだけど、
神南は演奏で負けるパターン以外に、
大会の条件未達成の場合も見る必要がある。
まあ、アンサンブルを作り直せばいいだけで
そんなに面倒ではないんですけどね。

あと、仲間同士の会話イベントも、
至誠館や天音は4つしかなかったのに
神南は2人ずつで10パターンあって
回収がなかなか大変だったりします。
律と芹沢がなかなか同じ場所にいない!
律はなんでそんなに屋上が好きなんだよ!
芹沢はもっと横浜に行こうよ!

神南から至誠館の間に
地味にシステムの修正がされてたんだな。
ゲームの攻略の難易度でいっても、
大会の演奏パートがやたら難しい至誠館、
イベントが多くて同時攻略が難しい天音、
それに比べれば神南は易しい方なのかも。
続けてやると違いがわかって面白いな。



ただ、ランチドルチェは
コンプしようと思うと他より面倒かな?
他のはお昼選択の直前でセーブしておいて
何回かロードしたら行き先が変わったけど、
神南は何回ロードしても同じ場所になって
前日夜のセーブからやり直すこともあった。
これも地味に修正入ったのかな?
ただ私の運が悪かっただけなのかな?

どうでもいいけど、この生田の森って
遙か3の3章で知盛と戦った生田ですか。
一の谷が神戸だったということを今知った。
敦盛の名前とかも結構出てきてて
そういう意味でも面白いランチドルチェ。

ということで、神南編2周目!
土岐&律の逆注目と大地珠玉狙いです。
無意識に芹沢も攻略してたけども。

セミファイナル前の旅行イベントは、
今回は律&大地と故郷に帰省しました。
水引の生産地で有名と言っていたので、
調べてみたら長野県飯田市?なのかな?
長野方面なのは明かされてたけど。
水引ストラップは可愛いなと思った。

続きから、各キャラ感想です。




・土岐 逆注目
何かとダルい面倒くさいと言って
室内でダラダラしていたい土岐だけど、
かなでが外に連れ出して一緒に遊ぶうちに
なんだか健康的になってきたねという話。
本当にいろんなとこに遊びに行ってて
こいつら夏を満喫してるな!と思った。



このルートの土岐は本当に楽しそうで、
珠玉の今にも死にそうな土岐よりも好き。
あの土岐が夏に遊びまわるうちに
日焼けしたというエピソードが面白い。
焼けると女子受けがよくないから
ほどほどにしてくれと言う芹沢も面白い。




・律 逆注目
手の怪我のことはこっちでは触れず、
天然でおじいちゃんな律がメインですね。
律を怖がる星奏オケ部の後輩たちと
仲良くなりたい律との橋渡しするお話。
ほのぼのしてて可愛かったです。

オケ部の会話のテンポに入れず戸惑って、
それを怒っていると勘違いされてしまう、
そんな繰り返しなんですね。
オケ部の仲間たちは律を尊敬してて、
もっと仲良くなりたいと思っているので、
幼なじみで気安く律と話すかなでを見て
なにかと相談したり協力を頼んでくる。
それを見て律は自分だけ輪に入れてないと
寂しい気分になる・・・というループ。
本当に音楽以外ではポンコツ気味!



律は珠玉があまりにも重すぎたので、
天然で可愛い姿を堪能できる逆注目は
とても楽しかったです。




・大地 珠玉
1年前の律の事故の真相を探る話。
うーん、やっぱりこのストーリーは
後味がよくなくていまいちだなぁと。
律本人が犯人を恨んでいないというのに
わざわざ真実を追求して犯人を追い詰めて
最終的に転校させてしまうというのは
どうしても後味がよくないんだよね。
犯人もあまり改心してなくて
酷い態度だったというのもアレでしたが。
もう大地と犯人で勝手にやってれば!と。

このルートでかなでに惚れる必然性を
あまり感じないのも微妙な理由かなー。
大地の良さはやっぱり逆注目の方が
よく出ていたと思うんですよね。
珠玉みたいな大地は求めてなかったな。

3周目は抜けイベントを回収しつつ
東金の逆注目をやりたいと思います!
あと1周でコンプいけるかなぁ?
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |