ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
遙かなる時空の中で Ultimate(12)
ラスト5周目!
今回はアクラム&藤姫の回収になります。

アクラムのイベント発生条件は特殊で、
期限までに五行の合計を一定値以上にすること。
3段階目が合計90以上が必要で
それを封印ができない段階でやるのはキツい。
さらに、3段階目はイベントが2つあって、
2つめの発生日は5章最終日固定なので、
5章最終日まで五行90をキープする必要が。
気を遣いすぎて無駄に通いつめてしまった。

頑張りすぎた結果、ストーリーの課題を怠り、
ものすごく冷たい目で泰明さんに呆れられた。
ごめんね、最終日に何回ロードしても
泰明さんが来てくれなくて諦めたんだよ。
今思えばここまでこまめに土地ケアしなくても
たぶん十分間に合ったとは思うんだけど、
まあ無事に発生したからいいや!
そんな感じで5章まで乗り切ってしまえば
あとはひたすら封印するだけなので、楽。
本当にこのゲームは5章までが勝負だな!



藤姫のイベント発生条件は好感度だけど、
藤姫の好感度は目に見えないのが少し厄介。
一番手っ取り早いのは外出しないでお話する。
今までの周では一度も休日を作ってなくても
終盤には1段階目が発生したりしていたので、
選択肢なんかもある程度関係はしてそうだけど、
確実に狙うなら休んでお話すればOKでしょう。
もちろん1日潰れちゃうことになるので、
同時攻略時にはとても痛いんですが・・・。

1段回目は2回休んだところで発生、
2段階目は3回、3段階目は2回で発生。
途中、物忌みに来てもらったりもしたので、
選択肢やイベントを起こす時期によっても
必要な休日の回数は増減しそうだけど、
今回はこんな感じでいけました。
藤姫は可愛くてとても良い子なんだけど、
最後まで頭の冠?が気になって仕方なかった。

6章以降はあまり急ぐ必要もなくなり
とても暇になったので、適当に八葉も攻略。
一番心が上がっていたのは頼久だったけど、
頼久は通常も期限があるみたいで発生せず、
次に上がっていたイノリと永泉にしました。
火と水が1人ずつしかいないから、
ミニゲームに連れ回したら勝手に上がってた。
心のかけら1つ目すら拾ってなかったけど、
6章から始めてもなんとかなるもんですね。

続きから、アクラム&藤姫の感想です。




・アクラム
相変わらず何を考えてるのかわからない。
一族が滅びるのを阻止したいみたいだけど、
そのわりには失敗した一族の仲間に厳しい。
本当に単に迫害された腹いせだったのかな。
言ってることも小難しくてよくわからん!

アクラムはどこで神子に惚れたのだろうか。
そして神子は彼の冷酷な言動を見てきたのに
一体どこでアクラムに惚れたのだろうか・・・。
シリンやセフルへの対応を見ていたら、
とても好きになれるとは思えないんだけど。
そういえばアクラムエンドは八葉抄で追加だけど、
無印時代はアクラムが仮面をはずしたところは
見れなかったということなのかな?
私の場合、夢浮橋でいきなり素顔だったので、
むしろ仮面の方に違和感があるかもしれない。



最後にあかね以外の誰かに呼ばれたというのは、
やっぱり2の千歳なんだろうか?
確か千歳が自分にも協力者が欲しいと願って
黒龍がアクラムとシリンを連れて来たとか
そんな話だった気がするんだけど・・・。
そしてエンディングで出てきたアクラムは
話ぶりからすると2の後のアクラムなのかな?
あかねが守った京が自ら滅びようとしているのが
許せなかった・・・とかそんなことを言ってた。

ということは、2でアクラムが暴れてたのは
あかねのせいということになるの・・・?
巻き込まれた2のメンバーが可哀相すぎるぞ。
花梨とエンディングを迎えなかった場合は、
アクラムはここに辿り着くということなのか。
なんだかこう、後付け感満載ですね!(笑)
まあ、私は敵のラスボスと恋愛というのは
いまいち好みじゃないので、なんでもいいや!
最後の1つ前のスチルは美麗だったけど、
最後のは髪の毛ばかりが気になってしまった。


・藤姫
とても健気で真面目な主人公の味方!
力を持つ星の一族の最後の1人らしいけど、
3の時代まで星の一族が存続してるのは
藤姫が頑張って子孫を残したからなのかな?
それとも、力を失った星の一族は他にもいて、
その人たちの子孫に力が発現したとか、
そういうこともあるんだろうか?
現代に来た菫さんの孫にも受け継がれてるし、
とりあえず滅亡はしなそうで安心したよ。

小さい頃から庭にすら出たことがない箱入り娘。
しっかり者だけど雷が苦手で可愛い面もあった。
子供なのにいつもあかねの味方をしてくれるし、
個人的な好き嫌いで物事を絶対に言わないで、
冷静に事実のみを述べる賢さもあるのが凄いです。
お父さんが病気でも頑張って仕事してくれるし、
泣き虫&お小言ばかりの紫&深苑に比べたら
だいぶ大人だなぁと思いました。


これでエンディングコンプ=トロフィーコンプ!
空白が多かった主人公のスチルは、
藤姫とアクラムの攻略でほぼ埋まりました。
まさかアクラムが8枚もあると思わなかった。
2枚は差分スチルだったけどさ・・・
それでもまだ3枚埋まってなくて、
何だろう?と探したら、おまけの夢草子で2つ。



このおまけの夢草子、
エンディング後お札を返す後日談的な内容で、
セフルとイクティダールの2人が
自分たちが前に京の各地にまいた呪詛を
祓って回っているというところにグッときた。
セフル・・・ちゃんと立ち直ったんだね!

そういえばメモリアルブックを見たら、
セフルは鬼と人間のハーフとあって驚いた。
母親に見捨てられてアクラムに拾われたら
そりゃお館様信者になっちゃうよね・・・。
本来のセフルは良い子らしいとわかったので
ちょっと救われました。
ついでにイクティダールとイノリの姉ちゃんも
仲良くしてるのがわかってほっこりした。
こうなるとシリンがひたすら不憫だよね・・・。
2のリメイクの際にはシリン友情エンドでも
作ってあげてほしいと思ってしまうよ。



残り1枚の状態でエンディングをもう一度見たら
最後にスチルコンプのお祝いスチルが登場。
みんな一言ずつ喋ってくれるんだけど、
最後全員での「ありがとうございました」が
見事なまでにバラバラで爆笑してしまった。
全員現代エンドの服装になっていて
これが月の都編の立ち絵にもなるんだけど、
なぜイノリだけこんな寒そうな格好なんだろう。
これ季節は一体いつなんだろう・・・。
頼むからイノリにも良い服を着せてあげて!

さて、これでやることは一通り終わった。
あとはみんなの後日談をまだ見てないので、
見終わったらまとめの感想を書こうと思います。
なので攻略日記もあと1回かな!
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |