ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
遙かなる時空の中で Ultimate(10)
4周目開始!
今回は2章玄武編から始めてみます。
そういえば1章で永泉だけスチルが出なくて
なんでだろう?とずっと疑問だったんだけど、
最初の方の選択肢で友雅か永泉に分岐なんですね。
前向きな方を選んでたから毎回友雅が来てたよ。
この後の天真くんに同行するかどうかの分岐でも
残る方を選んだら話の流れが結構変わったので、
4周目なのに新鮮な気分で1章を楽しめました。

今回の目標は、八葉残りのイベント回収。
通常:友雅・永泉
急展開:頼久・イノリ・鷹通 です。
頼久もイノリも急展開1回目が早いので、
2人を優先的に上げていきたいところ。
あと五行の相性的に鷹通と永泉は
信じる心が上がりにくいみたいなので、
そこも気を遣っていきたいと思います。

相性は今まであまり気にしてなかったけど、
頼久がガンガン上がっていくのを見たら、
やっぱりそれなりに影響してるんだな、と。
自分の誕生日だと火(丙)らしいので、
青龍2人はものすごく良いみたいです。
たぶんターゲットに合わせて調整すれば
もう少し楽になるんだろうなと思うんだけど、
今さら誕生日を変えるのも面倒なので・・・。



現在は5章が終わったところですが、
アクラムは1回目も発生せずに失敗した(笑)
五行は期限までに十分足りていたんだけど、
うっかり八葉のイベントを起こしすぎて
イベントラッシュに数日つぶされた結果、
自由になった頃には発生期限が過ぎていた。
やり直そうかとも思ったけど、もういいや!
潔く藤姫ともども5周目にまわします。

急展開でも通常1段回目まではOKなので、
心のかけら1つ目を拾って再訪問を見て・・・
とコツコツ心を稼いでいますが、
いまいち応援で心が上がる基準がわからん。
イノリのわかりやすさは本当に救いです。
回復アイテム連打が意外と楽でいいかも。

今回うっかりミスしたなと思ったのは、
鷹通さんの再訪問イベント1回目が桂なのに、
桂に行くと心のかけら2つ目を拾ってしまう。
1つ目を桂で拾わないといけなかったのかと。
まあ、再訪問は前回回収したからいいか・・・。
見なくても心は足りそうだしね。

あと4周目にして初めて知ったのは、
怨霊の復活ゲージが増えてる土地に行くと
復活を遅らせることができるということ。
日数経過で強制的に復活かと思ってたので、
ミニゲーム後に復活ゲージが戻ってるのを見て
初めて気付いてビックリしましたよ。
墨染、北山、案朱なんかの敵が強い土地も
何回も倒しに行かなくてよかったんだね!

アクラム攻略の場合は、
敵が強い土地を早めに開けてキープしつつ、
ミニゲームで五行を上げていけばいいのかな。
あと怨霊が最初からいないいくつかの土地も
五行を上げておくと楽なのかなーと思った。
次の周で活かそうと思います。



今回のストーリーは玄青朱白の順番で。
2章玄武編がなかなか面白かったです。
セフルが今までで一番頭を使ってた気がする。
セフル口調の泰明がなんか面白かった。
最終日には偽者だったと永泉は知ってたけど、
いつ知ったんだろう?そんな会話あったっけ。



あと、4章朱雀編も面白かった。
前は詩紋がセフルにだまされていたけど、
今回は変装したシリンにイノリがだまされる。
まあでも今回のイノリに関しては、
姉ちゃんの病気が治るかも?というところを
エサにされたので、仕方ない部分もあるよね。
今回だまされたことで鬼嫌いが更に強まりそう。
鬼が嫌われてるのは結局自業自得でもあるよね。



セフルとシリンは失敗には終わったとしても
それなりに考えて動いてるのはわかるんだけど、
誰が相手でも同じ行動をするイクティダール。
話し合いで解決したいとは言ってるけど、
彼も結局嘘をついてだまそうとしているし、
イノリの言う「鬼は嘘ばかり」というのも
あながち間違いでもないと思ってしまうよ。
なぜ彼があそこまでアクラムに忠誠を誓うのか
その背景も知りたかったなーと思います。

そういえば2ではアクラムとシリンのみで
セフルとイクティダールが出てこないのは、
2人が最終決戦前に鬼陣営を離れてたからかな?
シリンが2で黒龍の手先みたいに使われてたのは、
最後に「お館様のためなら何でもするから!」
みたいに自分の身を捧げてたせいなのかな?
シリンは健気で可愛いところもあるんだけどね、
アクラム以外に対する態度が酷すぎるから・・・。
普通ならそんなシリンを最後には認めてやるのに
最後までクズ扱いのアクラムもある意味凄い。

さて、勝負の後半!がんばるぞ!
といってもみんな順調に上がっているので
たぶん大丈夫でしょう。
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |