ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
遙かなる時空の中で 夢浮橋(4)
遙かの過去のキャラソンも聞いてみようと
最近ブックオフなんかで漁っているんですが、
4のアルバムを見つけて試しに聞いてみたら
(4のCDが珍しかったのでついつい)
これもまた良い。本当に良い曲多いなぁ。
しかしいつもながら自分の流行が10年くらい
遅れているのがなんとも寂しいところですね!

夢浮橋はもうひたすらロードして
エンディングを回収するだけの状態です。
本当にただウロウロするだけのゲームだった。
そういえば知盛&銀のイベントもあったけど、
こいつらもエンディングがあるのだろうか?
最後に誰も選ばなければいいのかなぁ?

さて、今回は景時さんの単独エンドと、
弁慶&景時、将臣&譲の双璧エンドを回収です。
今作の景時はヒノエの次に好きかもしれない。
本編がシリアスな分、ほのぼの話が染みる。

・弁慶&景時 双璧エンド
南斗宮でのイベントは景時の愛馬・磨墨の話。
こんなすごい馬なんだよ!と話す2人に対して、
(高級車でペットで軍事用って感じなのかな)
という望美ちゃんの心の声が面白かったです。
このゲーム、神子の心の声が地味に面白い。
戻ったら3人で遠乗りしようと話して終了。

それを受けてのエンディング。
実際に3人で遠乗りに出かけることに。
誰かがなんとなく覚えていて提案したのかな?
自分の馬に乗ってよ!と弁慶より先に誘って、
いつになく積極的な景時さんが新鮮でした。
夢の中の弁慶のセリフを景時が言ってたし、
やっぱり2人ともなんとなく覚えてるのかな?
最後はどちらが望美ちゃんを乗せるかを賭けて
馬で勝負!というお話でした。
ここでも勝負に乗り気の景時さんが新鮮!
余り物コンビのわりにほのぼの良い話だった!

・将臣&譲 双璧エンド
南斗宮でのイベントは、
普通の生活からとんでもない世界に飛ばされて、
いつもの日常が大切だったと気付いた3人。
3人一緒にだったらまた違ったんだろうけど、
1人だけ違う時空に飛ばされたというのが
なおさら切なさを増す感じですよね・・・。
また3人で過ごせる日が来るといいね・・・。

エンディングもやっぱり夢の中で。
戦の合間の休息中に見ている夢みたいですね。
将臣が違う場所にいるから仕方なかったのかな。
夢で現代に戻った3人が百人一首を楽しんで終了。
なんか将臣が大人げなく圧勝しそうな気配(笑)
どうでもいいけど、百人一首の入ってた箱が
どう見ても夢の小箱と同じで笑いました。
百人一首の箱は普通そんな形じゃないだろ!

続きから、景時の単独エンドです。

景時恋愛エンド

・小箱1つ目「晴れた日の休日」
お仕事がお休みの日に朔と望美と3人で
のんびりと過ごす景時さんが本当に幸せそうで。
好きな発明品を作りながらのんびり暮らすのが
景時さんの願いなのかと思うと泣ける・・・!
現代の飛行機の形を絵に描いて見せただけで
かなり飛ばせる飛行機を作れていたあたり、
景時さんも現代は順応早そうだなーと思った。
朔に声がついてないのがとても惜しい!

・小箱2つ目「嬉しい知らせ」
九郎が源氏の棟梁になることになって
頼朝様の呪縛から解き放たれた景時さん。
必要なくなるからと銃を土に埋めようとしてて、
ああ本当に手放したかったんだね・・・と。
銃を使う必要がない世界を求めてるんですね。
頼朝様はどんだけ酷いことをさせていたんだ。

・小箱3つ目「武器」
土に埋める前に夢が終わってしまったため、
今回は銃を海に投げ捨ててるとこから開始。
どんだけ捨てたかったんだよ・・・!
夢の中にまで乱入してきた政子様に対して、
銃を向けて望美ちゃんを守る景時さん!
このゲームの景時さんはなんか強いぞ!
何かの発明品を望美ちゃんに渡したけれど
小箱が終わると消えてしまっていて残念がる。
あの話しぶりからすると花火かな?
見た目は、将臣が何かのイベントで望美に
水を渡してた時の竹筒なんですがね・・・。
アイコンの使い回しがじわじわくる。

・エンディング
3つ目の夢で景時にもらったプレゼントが、
なぜか枕元にあって、それを2人で楽しむ。
景時さんは夢は覚えていないようだけど、
自分で作ったので何かはすぐにわかった様子。
中身はやっぱり花火でしたね。楽しそう!
こういう発明品を作って穏やかに暮らすことを
本当に願ってるんだな・・・と思うと泣ける。
夢みたいに幸せな日々に君を連れて行く、と、
力強く決意したところで終了。

その他の小さいイベント。

・地白虎イベント
先代・先々代は2人そろうと面倒くさいな!
雅な2人に振り回される景時さんの心労よ!
それを横で見ていた望美ちゃんの、
(うん・・・頑張れ、景時さん)
という心の声に笑いました。確かにね!

・寄り道イベント
夏にやり残したことがあると怪談話をしてたら
本当にオバケが出てきちゃったという話が好き。
驚く景時さんに対して、気のせいかな?で済ます
望美ちゃんの図太さがなんか笑える。
確かに日頃から怨霊を見ているからな・・・。

景時さんの話はどれも良かったです。
心底平穏を求めてるのがよくわかって切ない。
でも夢では全体的に幸せな思いをしていたから、
ちょっとだけ安心しましたよ。
夢でまでつらい思いをさせたくないですしね。
あと何かのイベントで「命の洗濯」という言葉に
めっちゃ反応してたのが面白かったです。
さすが洗濯好き!

なんかヒノエ・景時が思ったより良くて
思いがけず長くなってしまったので、
残りは短くいこうと思います・・・。
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |