ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
遙かなる時空の中で3Ultimate(4)
ゲームに熱中しだすと
録画の消化が滞るのが悩みどころです。
さすがにゲームの音とテレビの音と
同時に流して両方理解する自信はないな。
まあ、VITAの充電中に少しずつ・・・。



星の一族のとこでの会話。
確かにヒノエの宝玉は一番目立つよね。
敦盛なんてどこにあるのかよくわからないぞ。
2章はヒノエや将臣が仲間にいるかどうかで
会話の差分が結構あるのが面白いですね。
これは会話コンプまでやりたい人は大変そう。
私はそこまでのやりこみはやりません・・・。



譲ルートは4章の水遊びのとこで
1回引っかかり、しばらく悩んだ覚えが。
マップ上のアイコンは将臣だったから
将臣のイベントだと思っていたんだ・・・。
5章で起きるはずのイベントが発生せず、
何度も繰り返したのは前回書いた通りです。

敦盛の蜜月イベントを回収しようと思い、
白龍のヒントに従って5章をやり直したら、
発生しなかった譲のイベントがなぜか起きた。
冒頭に敦盛と話していたのがダメだったのか、
ここの前に2章もやり直していたから、
その中に影響する選択肢があったのか、
何が影響してたのかよくわかりません・・・。
そのまま進めていくと7章は譲ルートに。

以下、ネタバレなのでたたみます。

・恋愛エンド
譲はあまりにも気持ちが重すぎて、
今まで他の人と楽しそうにしてるのを
どんな気持ちで見てたと思ってる!と言われて、
散々ヒノエといちゃついてたことに罪悪感が。
あの壁ドンイベントにはうーんと思ったけれど、
その後の衝撃の展開にビックリして吹っ飛んだ。
ああ、バッドエンドかと思いきや、
そのまま章が進んだことにもビックリした。
今まで誰かが死んでもバッドエンドになって
すぐやり直しになっていたから、
死んだ後のみんなの様子が本当につらくて
本当にいろいろとヘビーな展開でした・・・。

そういえば、この時「白龍の逆鱗」の名前は
ヒノエたちは知っていたんですよね。
時空を飛ぶ能力まではどうなんだろうか?
みんなの目の前で思いっきり使ってたし、
既に知っているってことでいいんだろうか?
それならヒノエ十六夜エンドの展開も
少しはわかる気がするんですが・・・?
ていうか、白龍の逆鱗が2つ存在してることに
白龍はなんとも思わなかったのだろうか?
まあ、白龍なら何も思わないかもしれない。

無事に譲が復活してほっとした気持ちと、
もしまた同じ運命になったら、という不安と、
譲の見せ場と、いろいろ面白かったです。
でもあの弓のシーンはアニメが欲しかったな。
アニメ部分が結構カットされちゃってて残念。
最後は2人で元の世界に戻ってハッピーエンド。
元々現代組の2人なので収まりも良いし、
すっきりするラストでしたね!
後日談もごく普通のカップルになってて
なんだか微笑ましかったです。


続いて蜜月イベントへ!
ヒントに従って4章の下ルートで滝へ。
その後勝浦に戻ったらお昼寝イベント発生。
前にここを通った時は見た覚えがないから、
この後の行動が何か関係してるのかな?
蜜月イベントはヒントがわかりにくい!
とりあえず絆の関を全部突破した状態の
クリアデータから飛べば発生しました。
あとは6章は京を選べばOK。



・十六夜エンド
なんか思いがけず壮大な話になってビックリ。
十六夜ルートはどの人も同じような展開で
最後だけちょっと変わるのかと思ったけど、
譲はドラマティックで面白かったです。
あまり譲との恋愛という感じはしなかったけど、
物語として濃くて良い意味で予想を裏切られた!
まさか主人公が消えるとは思わなかったよ!

通常ルートでは譲を失った望美の悲しみが
描かれていて切なくなったけれど、
こっちでは逆に望美を失った譲視点になってて
対になっているんだなぁと感心しました。
十六夜エンドは前の2人があっさり目だったから
正直あまり期待しなくなっていたんだけど、
今回結構ボリュームがあって嬉しかったです。
まあ、あまり甘さはなかったんですけども。



後日談は、まさかのあの人が登場。
今まで声しか出ていなかった那須与一が、
ここぞとばかりに出てきて大暴れしてました。
(声が柚木先輩だったのでちょっと笑った)
煽りまくって譲に告白させてくっつけるという
見事な手腕でしたね、那須与一。良いキャラだ。
帰れなくなってこっちの世界で生きる2人だけど、
朔たちもいるし譲もしっかりしているし、
幸せに過ごしていけそうな良い雰囲気ですね。
譲のエンディングはこっちの方が好きだなー。

ということで、譲エンドでした!
今回は5章を何度もやり直した関係で、
知盛と嫌というほど戦闘してしまったけど、
主人公とヒノエがかなり強くなってる上に
なんか偶然朱雀の必殺技も覚えられたので
知盛が不憫になるくらいフルボッコ状態に。
清盛も火が弱点だから爽快感がありますわ。



あと、6章の京でウロウロしていたら
イベントが発生して必殺技を覚えてしまった。
朱雀の2人の絆が上がっていたからみたい?
弁慶は2つの属性の技を使えるようになって、
使い勝手の良いキャラになってしまったよ。
玄武の2人も他の場所で発生しました。
ここの2組は五行の関係で勝手に上がるけど、
白虎と青龍は激しく上げにくいですね・・・。
そもそも将臣はしょっちゅう抜けるからなー。
まあ、意識して使えばそのうち上がるだろう。

そういえばここまで3人攻略してきて、
まだうちの望美さんは還内府の正体を
知らない状態なんですよね。
前は将臣を早くに攻略してたので
その後は知ってる状態で進んでたから、
ここまでいろいろあっても気付かない望美は
なかなかの鈍感だなと思ってしまったよ。

譲ルートの最後で「重盛」と呼ばれてたのは
望美たちも聞こえてたと思うんだけど、
あれで気付いたかどうかは微妙なところだし、
そもそも次の周に飛んだ時の望美の記憶は
どこまで引き継いでいるのか曖昧ですよね。
ヒノエの正体や敦盛の秘密は知っていて
次の周ではちょいちょい突っ込んでるけど、
さすがに特定の人とくっついた展開は
なかったことになってるだろうし・・・。
まあ、ちゃんと気付いた描写がない限りは、
まだ気付いてない設定で進んで行くんだろう。
どうせなら将臣を最後にしてみようかなー。

次は・・・誰にしよう。
今のデータで狙えそうなのは九郎かな?
朔の話も気になるのでそろそろ見たいな。
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |