ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
アニメ感想(〜2017.1.29)
最近FF10-2のプレイ動画にハマっていて
ついつい録画消化を忘れていました・・・。
10-2は条件を満たせばハッピーエンドだけど、
その後に出た小説やVITA版のボイスドラマで
衝撃の後日談が語られていると知って愕然。
こんな内容なら知りたくなかったよ・・・!
気を取り直して、アニメ感想です。

・3月のライオン(〜15話)
島田さんとの対局は零の完敗。
格上の人をサブキャラ扱いしちゃいかんよね。
でもまあ、どん底まで落ちた感じがあるので
あとは上昇していくだけのような気もする。
出席日数計算を間違えた先生に和みました。
プロで学生というのも大変なんですねぇ。
二階堂くんがあんなに零くん大好きな理由が
ちゃんと明かされていて感動しました。
あんなギャグみたいな造詣のキャラだけど
本当に良い子だよね、二階堂くん。
二階堂くんは学校に行ってるのだろうか?
そもそも何歳なんだろう?同級生??

・昭和元禄落語心中(〜4話)
小夏の子供の父親はヤクザの親分?
という疑惑が出てきたものの、
血が繋がってなくても自分の子だ!と言い切る
与太郎はアホだけど気持ち良いですよね。
3話から4話でまた数年経過したようで、
子供が急に大きくなっててビックリしました。
与太郎はすっかり人気者になったようで
子供たちの間では寿限無が大人気だそうで。
そういえば10年前くらいに日本語にあそぼで
実際に少し流行ってたよね、寿限無。
小学生が学芸会の劇でやってた覚えがある。
そんなこんなで幼稚園で小夏が寿限無を披露。
小夏の落語は初めてかな?上手かったですねー。
数年経ってすっかり良い家族になってて
すごくほっこりしました(*´ω`*)
それだけに、ラストの師匠の表情が気になる。
まだまだ波乱がありそうです。
あと、樋口先生はどうもどこか胡散臭い。

・弱虫ペダル(〜3話)
不調のままヒルクライムレースに出てきた
小野田くんと、手嶋さん&今泉くん。
対するは箱根学園新キャラの葦木場さん。
手嶋さんと葦木場の熱い戦いを見て、
小野田くんが情熱を取り戻す!という流れ。
じっくりやってくれるのはいいけれど、
今回でレースが終わるかなと思ってたので
思ったより時間をかけてる印象です。
まあ、駆け足ですっ飛ばすよりはいいのかな。
手嶋さんは1期の頃からそうだったけど
何かと気を配って小野田くんを手助けしてて
本当にいい先輩だなと思いました。

・MARGINAL#4(〜3話)
2話がとんでもないギャグ回で笑いました。
アイドル要素は最後に申し訳程度に出てきて
男子高校生の日常的なノリですごく笑った。
一応分類上アイドルアニメになるだろうに、
あれだけパンツを連呼してるのがおかしくて。
作中に何度も出てきていた新曲の歌詞が、
エンディングで実際に流れるのは良かったです。
3話はエル&アールの双子メイン回だったけど
未だにどっちがエルでどっちがアールなのか
覚えられません。顔が同じだし(´・ω・`)
緑がエルで橙がアール・・・でいいのかな。
TVのドッキリものはあまり好きじゃないから、
企画に反撃するのはちょっと面白かった。

弱虫ペダルを見てると毎回流れる
眼鏡市場のコラボ眼鏡のCMが面白い。
あんなに種類を出して需要はあるの??
category:TV感想 | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |