ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
←old | main | new→
ソフィーのアトリエ(3)
3連休をいいことにひたすらゲーム。
タイヤ交換でタイヤを運んだ時の筋肉痛で
動けなかったというのもありますが・・・。
ソフィー→VITAの充電切れでドラクエの流れ。
VITAは適度なところで電池切れになるので
ぶっ続けしなくてすむのが地味にありがたい。
じゃないと気持ち悪くなるまでやるから・・・。



本(プラフタ)が本を読むという妙な場面。
プラフタは冷静で淡々と喋る子ではあるけれど
ソフィーに元は男だと思われていてすねたり、
人間にしようと錬金釜に入れられて激怒したり、
なかなか可愛い反応をしてくれます。



そんなこんなで仲間も続々と加入。
コルネリア・レオン・フリッツが加わって8人。
ハロル・ジュリオともう1人は入れ替えながら。
レオンさんは強そうなんだけど顔と声が苦手だ。
フリッツさんも強そうなんだけど・・・。
というか今回、外見が好みな人と好きでない人が
はっきり分かれているんですけども、
よく考えたらキャラデザが2人いるんですよね。
要するに、ソフィーをデザインした人のキャラが
可愛くて綺麗だし服装も凝っていて好きだと思うし、
プラフタをデザインした人の方のキャラたちが
目が怖い、塗りがなんかぼんやりしていて苦手、
という感じなんだと思います、個人的に。
ソフィーの人だけで統一してくれればよかったのに。



プラフタにレシピを書き込むことで
これまで順調に記憶が戻っていたのが
なかなか戻らなくなってきて悩むソフィー。
プラフタが元は人間だったと発覚したので、
元の姿に近い形にすれば思い出せるかも?と思い、
人形にプラフタの魂を移す作戦を思いつきます。

この一連のイベントはとても面白かった。
ここで今までの仲間たちとの交流が生きてきて
みんなで目標に向かって頑張ったのが楽しかった。
シャリーのラストもこんな感じにしてくれれば・・・。
やっぱり自分の手で錬金した物で解決したいよね。
キースさんがさっさと直しちゃうとはひどいよね。

本体となる人形は人形屋のフリッツさんに依頼。
人形になると性格が変わるオッサンに不安を抱きつつ、
素材を調合して渡して完成を待つことにします。





人形を動かすためのネジ巻きは時計屋のハロルさん。
一度は断られたものの、必死に頼むソフィーを見て
材料を用意することを条件に引き受けてくれます。
ハロルさん、なんだかんだでソフィー好きだよね!
服は仕立屋のレオンさんに布を渡してお願い。
魂を移す道具は、ジュリオさんがレシピを教えてくれ、
素材の石の場所を鍛冶屋のロジーさんが教えてくれ、
取れた石で作った部品の増産をコルちゃんが担当。
最後のアイテムをソフィーが調合して完成。
あれ、モニカとオスカーは・・・まあ、いいか。



出来上がったのがコチラ!プラフタ人形化!
このボディをオッサンが嬉々として作ったのは
なんか危ない気もするけど人形屋だからまあいい。
それよりもこの服装のセンスは一体・・・。
これ後ろから見るとさらに露出がすごくて
セクシーというよりも下品なんですよね・・・。
これじゃプラフタがただの変態少女にしか見えない。
まあ、本人は気に入ってるようなんですけど・・・。
出来上がる人形のサイズがわからないからと
伸縮可能な布で服を作るという話だったけど、
それ完成してから作ればいいだけじゃないの。
これならソフィーのお古でも着せた方が・・・。
頼むから早くコスチュームチェンジさせてくれ!

とまあ、デザインはどうかと思うけど、
プラフタと一緒にお出かけできるようになって
ソフィーはとても嬉しそうだし、まあいいか・・・。
無事に人間の形になったとはいえ
記憶が完全に戻ったわけではないので
どうやらまだまだ話は続きそうです。
ソフィーも中間地点って言ってたし!

現在は調合レベル28・戦闘レベル14。
そろそろもっといい武器防具が欲しいなー。
category:ソフィーのアトリエ | comment [0] | trackback [0] | |
スポンサーサイト
category:- | comment [0] | trackback [0] | |
Comment









Trackback
url:
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |