ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
金色のコルダ3 AS天音学園(3)
今回ランチドルチェで鎌倉も出てくるけど、
もしかしなくても鶴岡八幡宮の背景は
遙か3の使い回しですよね・・・?
せっかく現代鎌倉の素材があるんだから、
使っちゃえ!ということなんだろう。
別にいいけど、遙かをやりたくなるよ。
運命の迷宮リメイクされないかなー。



氷渡くんはストーリーの関係上、
東日本大会までに進めておかないと
進行不可になってしまうみたいです。
この後どんどん丸くなっていって、
最終的には普通に友達になってたような。
攻略ルートに入るとどうなるんだろうか。

ということで、横浜天音学園編1周目終了!
最後にアレクセイをぶん殴りたかった!

七海を変な技で狂わせようとしたり
天宮を函館に連れて行こうとしたり
冥加から天音学園の権限を奪ったり、
もうやりたい放題ですよ。
まあ、そのおかげで共通の敵に対して
アンサンブルの絆が深まったような。

仲間たちを好き勝手にされた怒りと
学園を取り戻すために戦うファイナルは
なかなか熱い展開でしたね。
ただ、元々優勝候補だった天音の場合は、
至誠館に比べて達成感は少なかったかな?
決戦前夜のイベントもなかったしなー。
ファイナルはよく知らない函館天音より
星奏学院と戦いたかったなー!

天音は普通にやれば優勝しちゃうので
地方大会からとにかくアクシデント続き。
アンサンブルを完璧に仕上げていても
イベント戦闘みたいにボロクソ言われて
やるせない気分になりましたよ。
ファイナルはさすがにスカっとしたけど。

それにしてもみんな強くなったね。
天宮は約束された未来を捨てて
先生の呪縛から抜け出す決意をする。
七海は与えられた能力を捨てて
自分の力で上達しようと決意をする。
氷渡も一度は捨てられそうになりながら
最後まで一緒に戦い抜いてくれた。
みんなを変えた主人公の女神っぷりよ。



相変わらずおいしい役割の東金さん。
神南は終始安定している印象だったけど、
それは何事にも動じない東金さんが
部長だからなのかもしれないですね。
神南もやるから少し待っててね!

続きから各キャラ感想です。


read more ?
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
テニラビ やる気激減中
ハロウィンイベント前半が終了。
ポイント報酬の財前は1枚もらったけど、
順位は低いので海堂は7枚のみ。
前は40万P稼げばSR11枚もらえたのに
先月のイベントからポイント報酬と
ランク報酬に分割されるようになったので、
SR11枚取りがかなり難しくなりました。

こうなると、今後のイベント報酬は
ポイント報酬のSSRを1枚だけ取るのが
一番現実的になるよなぁと思った。
私としてはこの形式が続く限りは、
課金してまで頑張る気力はわかないな。
まあ、この方が運営は稼げるんだろうし、
存続させしてくれればもうそれでいい。

あとはショップの曲販売が
もう少し安くなってくれるといいなー。
リズムゲーなんだから一番大事な部分を
もっと頑張ってほしいんだけどね。
今の運営は集金第一にしか見えないから、
前みたいに多少の不満は目を瞑ろうとは
まったく思えないんですよね。
とりあえずサービス終了する前に、
全員のソロ曲くらい実装してくれよ・・・。

次のイベント告知がしばらくなかったけど、
17日からハロウィン後半戦みたいなので
今後はイベントは月2回になるのかな。
ランク報酬と書いてあるということは、
新形式とはいっても結局ランキングかな。
報酬を取るのが厳しいのは変わりなさそう。

上旬に大きめのランキングイベント、
中旬にまったりとアイテム交換イベント、
下旬にミッションイベントをやってた頃が、
一番バランス良くて楽しかったよなぁ。
ランキング以外は課金が鈍いのはわかる。
でもあまりにも集金が露骨すぎるんだよ!

キャラの偏り問題はアンケートでも
散々言われてるだろうに改善されないし、
もうあまり期待しないでおきます。
もう曲追加だけしてくれればいいや・・・。
category:ゲーム | comment [0] | trackback [0] | |
金色のコルダ3 AS天音学園(2)
横浜天音編1周目。
東日本予選が終わったところまで。

衝撃の展開続きでなかなかしんどい。
本当に今までの学校とは全然違う。
そして今までよりファンタジー度が高い。
この話がどう着地するのが楽しみです。



かなでと冥加さんの運命を狂わせた
諸悪の根源・アレクセイは今作でも暗躍。
やっぱり天音編のラスボスになるのかな。
響也にも精神攻撃を仕掛けてきます。

そして衝撃の展開へ・・・。
響也が不憫すぎてつらい・・・。



相変わらず歪んだ愛情の冥加さん。
同じ部の仲間でかなでが失敗したら
冥加さんも大会敗退になるというのに
容赦なくプレッシャーをかけてくる。
かなでがそれを乗り越えてくるのを
楽しみにしている感じなんでしょうか。



天宮さんも変人なんだけど、
わりとみんなメンタルボロボロなので
今回ものすごく安定して見えます。
なんだかんだでちゃんと先輩なんだなと。
まあ、彼もメンタルが壊れそうな気配は
最初から漂っているんですけどね・・・。

どうでもいいけど、この図書館の背景、
運命の迷宮あたりで見たことあるような?
気のせいかな・・・?でも見覚えがあるな。
ちなみに遙かUの現代EDの後日談では、
コルダの町の背景が流用されてたんだよね。
だから流用はあり得るかもしれないよね!



函館天音の視察という名目で
アンサンブルメンバーみんなで観光に。
氷渡くんはただの冥加ファンだった。
七海と氷渡の冥加信者っぷりは、
他校生の時よりもアップしてるような。
響也がちょっと悪口言っただけで
2人で怒り出した時は笑ってしまったよ。
お前ら実は気が合うじゃないかって。

しかし函館天音は横浜天音以上に
謎の空間ですね。ファンタジーの世界。
函館天音編をやるのがなんか怖いぞ。



東日本予選の相手は至誠館。
新と七海がチェロ仲間で知り合いなので
みんなでご飯を食べることになりました。
つい先日まで仲間だった面々なので
顔を見るとほっとしますね。
境遇は過酷だったけど部員の仲は良くて
青春!って感じだったよな、至誠館は。
天音の雰囲気の悪さがつらいよ・・・。



響也はいろいろあった結果、
律のおかげで立ち直って星奏学院に転校。
響也がいなくなったのがすごく寂しい。
そうプレイヤーに思わせるために
序盤すごく優しかったんだろうなと思った。
でも実際、いなくなった時の心細さよ。

まあ、なぜか昼休みは天音にきて
一緒にお弁当食べたりできるんですけどね。
天宮や七海もアンサンブルをやった仲なので
本編の時よりも響也と親しくて面白いです。

響也が受けた精神攻撃と同じものを、
ソラもやっていたということで、
ますます函館天音に対する印象が悪くなる。
もしかしてかなでがスランプに陥っていたのも
幼い頃に同じようなことをされたからなのか?
となるとやっぱりラスボスはアレクセイ?
なんにせよ、どうかアレクセイは
最後に報いを受けてほしいなと思います。

ニアとは町で偶然知り合って、
情報を教えてくれるようになりました。
よかったよかった。
category:金色のコルダ | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |