ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
ダンジョン飯 6巻
久しぶりの新刊!
久しぶりすぎて話を忘れかけてた・・・。

昔の仲間・シュローと再会して、
これまでのあれこれを話すところから。
黒魔術問題がだいぶ厄介になってますね。
やっぱり人を生き返らせるというのは
それなりの代償が必要ということなんだな。

半モンスター化したファリンを見て、
兄の感想が「すごくかっこいい」だったのが
シリアスな場面のはずなのに笑った。
その後の「俺が代わってやりたかった」は、
たぶん妹を心配しての言葉だと思うんだけど、
自分もモンスターになりたかったみたいに
聞こえてしまったよ・・・ごめんよ。

シェイプシフターの話は面白かった。
ずっと重い話が続いていたから、
こういうアホな感じの話は良いなぁ。
全然魔物を食べなくなったのは寂しいけど、
まあ、状況が落ち着けばきっとまた・・・。

最後の夢魔の話は、
黒魔術を使ってからマルシルがみんなに
責められまくって少し可哀相だったので、
少しだけ救われた感じがして良かった。

そしてここにきて新たな仲間が加入。
女の子?なのかな?なかなか可愛い。
わりと新しいタイプな気がするので、
いい感じになじむといいなーと思います。
シュロー一行とか人がいっぱいいた時は
なんかごちゃごちゃしてて微妙だったけど、
1人増えるだけなら受け入れやすいしね。

それにしても、
ファリンをあそこまでモンスターにしちゃって、
どう落ちをつけるつもりなんだろうか・・・。
ハッピーエンドになる気がしないんだけど。
とりあえずもう少し明るい話が増えるといいな。
category:漫画 | comment [0] | trackback [0] | |
NEW GAME 7巻
NEW GAMEの久しぶりの新刊!
前巻のラストで八神さんがフランスに行き、
八神さん抜きでの新作に入るかと思いきや、
合間の充電期間みたいな感じでした。

PECOは評判上々みたいですね。
その気になればPECO2もいけるみたいだし、
青葉ちゃんのキャラデザデビュー作としては
良い作品になったんじゃないでしょうか。
次はメインビジュアルも描けるといいね!

社員旅行編は・・・うーん。
相変わらず新人2人にスポットが当たってて
正直もうツバメちゃん関連はお腹いっぱい。
今まで青葉の成長が面白いところだったから、
やっぱり主人公をちゃんとメインに据えて
進めてほしいなぁと思うんですけどね・・・。
新作が始まらないと難しいのだろうか・・・。
4巻までの面白さを思い返すと、
新人が出てきてから面白さが減ったなぁ。

後半は、はじめさんの企画実現のために
みんなでこっそりテスト版を作るお話。
みんなで頑張って実現させていくのは
なかなか熱くて良いんだけど、
あのゲームは・・・どこからどう見ても、
くにおくんのドッジボール・・・!
確かにあれは面白いゲームなんだけど、
今の時代にあれでいいの・・・?
そんなことばかりが気になってしまったよ。

次はあのドッジボールを作っていくのかな?
フェアリーズもPECOも八神さんが戻らないと
作り出さないようなことを言ってたから、
当分は大型の制作には入らないのだろうか。
うーん・・・いやまあ、いいけど。
ドッジボールゲームのキャラデザを巡って
青葉VS紅葉をやるのかな?
それはそれで面白そうではあるけれど。

八神さんのフランス編は、
なんかいまいち面白くないから
今のところは特に必要ないかなー。
やっぱりどんなお仕事をしているのか
具体的に見せてくれないと楽しくないや。
category:漫画 | comment [0] | trackback [0] | |
彼方のアストラ 5巻
ジャンプ+で連載していた
彼方のアストラの最終巻が発売です!
とりあえず、めっちゃ分厚いよ!

前巻ラストでカナタたちの故郷が
地球ではなく惑星アストラだと判明。
星が違うのに地球人のポリーナと
文化や言語が同じでどう見ても同じ人種。
ということで、話をすり合わせていくうちに
アストラの歴史の秘密に気付き始めます。

そんな中,最後の惑星ガレムに到着。
ここでも独自のギミックによるピンチが
あるかと思ったかけど、話も終盤なので、
ここでは刺客との決着がメインでした。
刺客の正体は、大方の予想通りでしたが、
カナタの片腕がなくなったのは衝撃でした。
ここまではっきりと描かれてるのも衝撃。
次の回にはさらっとネタにしてるあたり、
コメディだなぁと思って安心したけれども。
そんなこんなで体を張った説得で解決して、
全員そろってアストラに帰還することに!

長かった旅も遂に終わっちゃうんだね・・・
寂しいというアリエスの気持ちに共感する。
戻ってからもひと悶着あるのかと思ったけど、
親の逮捕とか正しい歴史の開示とか、
その辺はわりとサラっと流しましたね。
まあ、あまりドロドロされても困るし、
最後まで爽やかだったのは良かった。

カナタの父親とルカの父親は、
もしかしたら実は良い人なんじゃないかと
ほんの少しだけ期待していたんだけど、
そんなことはなかったらしい。
あんなクズな親たちのクローンなのに
よくこんな良い子たちに育ったもんだよ!

彼方のアストラ、面白かったです!
惑星探索パートと、クローン判明と、
世界の秘密、刺客との対決と
いろいろあったけど、最後まで明るくて
メンバーがみんな良い子で楽しかった!
また最初から読み返してこようと思います。
伏線がいろいろ散りばめられてそうだし。

欲を言えば、エピローグでその後の話を
もう少し見たかったかなーと思った。
というか、コミックを分割して全6巻にして
おまけページを充実させてほしかったかな?
裏話をもっと知りたかったなー。
おまけ4コマをもっと見たかったなー。
でもまあ、大人の事情もあるだろうしね。

スケットダンスでもよくやっていた、
前半に伏線を張って最後に一気に回収する
手法を全編に渡って思いっきりやってくれて、
最初から最後まで丁寧だったなぁと思いました。

面白い話をありがとう。
また次回作を期待してます!
category:漫画 | comment [0] | trackback [0] | |
咲 17巻
咲の新刊もかなり久しぶりなような気が。
表紙・カバー裏は新道寺チーム!

冒頭は咲と照の再会から始まり、
照の1年生時代の回想になりました。

今まで心情がよくわからなかった照だけど、
咲のことをこんなに意識していたんだな、と。
「麻雀は好きではない」と咲と同じことを言い、
つらいことを思い出すとも言っていたので、
あの姉妹の間に何があったのか気になるところ。
明かされるのは決勝の大将戦になるのかな・・・。
一体何年後のことなんだろうか・・・。
菫さんがすごく良い人で好感度上がりました。
昔のポニーテールがとても可愛かった。

場面は決勝戦前の5位決定戦へ。
次峰戦はあっさりと片付けられ、
中堅戦は愛宕姉VSセーラの対決が面白かった。
洋榎さんは最初に出てきた時は
性格悪そうなウザキャラかと思ったけれど、
能力持ちではなさそうなのに普通に強いし、
最下位の有珠山の子への接し方を見ても
わりと面倒見がよさそうだなと思ったので、
良い子だなぁと思えてきました。

副将戦は哩さんのリザベーションを
いかに阻止するか・・・がキーなのかな?
準決勝で反則級なくらい暴れまくってたので、
今回はさすがに能力もバレきってる状態だし、
そこまで成功はできないのでは?と思うけど、
それだと姫子ちゃんが可哀相なことになるので
適度に成功してくれるといいんじゃないかと。
まあ、たぶん全員に見せ場を作るだろうし、
点差は有珠山が少し詰める程度じゃないかな?

ということで、今回は副将戦の序盤まで。
咲たち清澄の出番はほとんどなし。
もういいからとっとと決勝戦始めてくれよ!
みんなを活躍させたいのはわかるけども!
せめて休載がもう少し減れば・・・!!
category:漫画 | comment [0] | trackback [0] | |
ダンジョン飯 5巻
これまた発売間隔が長いので
お久しぶりなダンジョン飯の新刊です。
ちゃんと発売してすぐ買ってたんですよ。
感想を書くのを忘れていただけで・・・。

前巻、ようやくレッドドラゴンを倒して
ファリンを救出したものの、不穏な空気に。
狂乱の魔術師に襲われて大ピンチの連続。
せっかく助け出せたと思ったのに不憫だなぁ。
ファリンはどうやら竜の姿に変えられたようで、
これはもう生還は無理なのでは・・・と
ついつい思ってしまうのですが・・・。
でもここまで頑張ってきたのにそんな結末は
悲しすぎるのでどうにかしてあげてほしいです。

チルチャックの説得で
一旦引き返すことに決めたものの、
魔術師の妨害もあって思うように進めず。
そんな中昔の仲間(ファリンに惚れてる?)と
再会したり他のパーティと合流したり、
なかなかすんなりとは戻れなそうですね。
このまま戻らずに進みそうな気もする。

できれば最初の頃のような
ほのぼのしたクッキングを見たいんだけど、
なんかもうそんな場合じゃなくなってるなー。
それでもどこか緊張感がない4人なので
きっといろいろと食べてくれるはず・・・!
category:漫画 | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |