ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
遙かなる時空の中で4(14)
遙か4攻略は今回で最終回となりました。
話がとてもドラマティックになっていて
全体的なストーリーは面白かったと思います。
ただし、その分恋愛部分が弱かった気もする。
このキャラのここが素敵だなーとか思う前に、
この謎はどうなってるんだろう?とか
細かい設定が気になることの方が多かった。
結局残ったままの謎もたくさんあったので、
その辺をもう少し綺麗に畳んでくれてたらなー。
いろいろ惜しい作品だったなと思いました。
とりあえず設定資料集がすごく欲しい。

最後はサブキャラ残りをまとめて攻略。
結局1章・5章・7章以外やり直しでした。
8章は直前にクリアしたのが風早だったため、
イベントが風早メインで進行して焦ったけど、
一応リブの天秤は回収できたのでOK。

久しぶりに2章をやってみると、
日向の一族が牢に入れられた経緯だとか、
逃げた後にアシュヴィンに成敗される話とか、
レヴァンタが荒魂になってたと判明するとか、
レヴァンタの辺りでイベントが追加されてた。
メモに出ないイベントが他にもありそうだけど、
さすがにそこまで拾う気力はないや。

そういえば宝玉は最初は「宝玉」だけど、
クリアした人の分は2回目以降に入手する際に
「○の△△の宝玉」に表記が変わるんですよね。
それを見ていくと、柊のいろんな行動は
宝玉を集めるためだったんだなぁとわかります。
裏でいろいろと動いていたんですねぇ。

・岩長姫
第一印象がラピュタのドーラさんだったけど、
わりと最後までそのまんまな印象だったな。
狭井君にいじめられた時も味方してくれて、
信頼感がありました。良い師匠だった!

・足往
姫さまを守るために強い戦士になるよ!
というお話。可愛かった。
足往も大きくなったらフサフサになって
那岐のお師匠みたいになるんだろうか。

・夕霧
実は異国から来た使者で男性だった。
レヴァンタから逃れるため女装していたと。
エンディングで男バージョンで登場するけど
カメラが遠すぎてまったくわからなかったよ!
親友ポジションだと思ったのに男だったことで
なんとなく残念な気がしてしまうよ。

・カリガネ
昔、好きだった人を亡くしたことが原因で
飛べなくなっていた翼を、千尋が癒すお話。
サブキャラは恋愛にはならないかと思いきや、
カリガネは後に恋に発展しそうな気配でしたね。
さすがボイス付きキャラなだけありますわ。
大団円の後の話も見てみたかったけど、
そこは描かずに想像する方が良いんだろうね。
カリガネは結構好きだったなー。

・リブ
天秤が多くて微妙に回収が面倒だったキャラ。
何を考えてるのかよくわからないけれど、
補佐としてはとても有能な人材。
この人は普通に人気ありそうな感じですねー。
出番的にもボイス有りでも良かったのにね。
ただ、恋愛を匂わせる描写はいらなかったかなー。
大団円で命と忠義以外すべて捧げたいとか
すごいことを言い出してビックリしたよ。

・シャニ
ほのぼのとした話になるのかと思ったら、
シャニの日記がアカシャになっているという謎。
これもやっぱり歴史を繰り返している関係で、
過去のシャニが残した日記が伝承として残っていた
ということになるんでしょうか?
でもさっき書いた日記もあるって言ってたような。
その辺は置いておいて、明るい未来を日記に書き、
その通りにしようと頑張ることで未来が開ける
という展開は良かったのではないでしょうか。

・皇
シャニの日記がカギになるため、
シャニの天秤とセットみたいな扱いでしたね。
最後の最後に救うことができて良かったです。
ずっと謎だった「黒き手の王」も最後に判明。
まあ、千尋のことなんだろうとは思ってたけど、
黒き手が闇に包まれた千尋の手という演出が、
なかなか良かったのではないかと思います。

・ムドガラ
どうしても死んでしまうこの人を
ようやく救出することに成功して嬉しかった。
常世に帰っていくので大団円にはいないけど、
ラスボス戦後の皇との絡みは良かったです。
最初はなんでこんなオッサンが攻略キャラ?と
思ったものだけど、素敵なオジサマでした。

・ナーサティヤ
サブキャラの中では特別な立ち位置のキャラで、
スチルはあるしエンディングも特別仕様だった。
3章で4巡以内に倒すという条件がキツくて、
3回くらいやり直してしまったよ・・・。
昔幼い千尋と会っていて見逃してくれていた?
常世を救うために当時の中つ国の女王に
助けを求めた結果、裏切られたという過去があり、
この人はきっと本当は悪い人じゃないんだよなぁ。
むしろ本当の悪は中つ国の方なんじゃないかと。
サザキルートの時とか本当に酷かったしね!
結局このルートでも炎に包まれるんだけど、
最後に生きていたことがほのめかされて終了。
もう少しイベントを増やして正規攻略キャラに
加えてくれてもいいのになぁと思いました。
サブキャラにしておくにはもったいないよなー。

ナーサティヤの最後のイベントを起こすと
そのままスタッフロールに入ってしまうため、
他のサブキャラとの同時攻略は不可っぽい?
展開的にムドガラとシャニ&皇も両立するのか
怪しいところだなと思ったので、
ムドガラを先にやったのは正解だったかも。

メインキャラの大団円の書も見てきたけど、
風早1回目時点と柊は消えちゃうんですね。
やっぱりノーマルの延長だと物足りないなー。
恋愛エンド後の後日談が見たかったよー!
今さらPSP版をやるのももう面倒なので
いつかリメイクされる日を待ってます!

続きから、全体を振り返っての感想を。


read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で4(13)
楽しかった遙か4も終わりが見えてきました。
声優シャッフルは最初は複雑だったけど、
終わってみればみんなしっくりきた気がする。
このままの配置でもう1・2作見たかったな。
遙か5以降がネオアンジェリークみたいに
新シリーズとして違う名前で出ていれば・・・。
今でも続編が望めたかもしれないのにね・・・。
主人公の声はライブラリー出演みたいな感じで、
なんとかなったはず、戦闘ボイスだけならば。
今となっては遙か0しか希望がないのが切ない。
でも、まだリメイクの希望は残っている!
ファンディスクだってないとは限らない!

さて、遂にメインキャララストの風早です。
主人公と現代で同居&教師と生徒の間柄、
実は姫様と姫付きの従者という関係で、
どんな時でも主人公を優しく見守り続け、
いざピンチの時には身を挺して守り抜く。
性格は穏やかで冷静、そして姫には過保護。
なんという完璧なキャラ設定でしょうか。
序盤でしか使ってないから印象は薄いけど、
隠れ眼鏡キャラでもあったんですね。

どう見てもメイン攻略キャラな風早だけど、
そこまで主張の激しいキャラでもなかったので
どういう人なのかはよくわからないまま。
他の人のルートをやりながら、
少しずつ風早の秘密に気付いていくにつれて、
早く攻略したくてたまりませんでした。
でもだからこそ最後にとっておきたかった。
まあ、他を全員終わらせてからじゃないと
攻略不可だったんだけどね、実際に。

風早も分岐することなくノーマル終章まで到達。
それどころか8章の天秤も出現していない状態。
ああ、やり直しがあるのね・・・と察する。
柊ルートと違うのは、終章が終わった時点で
ほぼノーマルエンドと同じエンディングになる点。
この時点でセーブ画面にもアイコンが出るけど、
その顔がまた寂しそうな顔なんですよね。
きっと真エンドを見れば笑ってくれるんだろう。
なかなか良い演出じゃないか!

本当にノーマルエンドとほぼ同じだったので、
もしかして風早1回目で同時に回収できたのかな?
サブキャラとの前夜イベントが起こせないから、
サブキャラのエンディングは回収できないものの。
だとしたら、風早を1周目にやっておくのが
一番効率の良いやり方だったのだろうか。
でも1周目でこの風早の結末を見ておいて、
他全員終わるまで真エンドはお預けになったら
それはそれで苦行なのかもしれませんね。

風早ルートでいろんなことがわかったけれど、
あの時代の白龍の声は聞こえるはずがなかった。
千尋は龍神の神子としての力がなかったのではなく、
聞こえないことが正解だったということなのか。
ということは姉ちゃんは嘘をついてたのだろうか?
一ノ姫は声的に黒龍の神子の系譜を感じるから、
もしかして黒龍の声が聞こえていたとか?
姉ちゃんが嘘をついていたとは思いたくないなー。
母ちゃんは嘘をついていたんでしょうね、たぶん。
国のために仕方ない面もあったんだろうな。

あと、なぜ那岐が風早と一緒に現代にいたのか、
2人の関係は全然触れられていませんでした。
残りのサブキャラのイベントで判明するとは
思えないけど、とりあえず全員見るまで諦めない。

続きから、風早ルートネタバレ感想です。


read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で4(12)
一瞬暖かくなって雨が降った後に
急激に冷え込んだため、道路がツルツル。
歩くのすら恐ろしいツルツルっぷりなので
車の運転はさぞかし怖いことでしょう。
寒くてもいいからツルツルはどうにかして!

4のスチルは全体的に綺麗ですよね。
2や3のリメイク前は顔がなんか変だなぁとか
頭身がおかしいなぁとかいろいろあったけど、
今回はそこまで変なのはないような気がする。
と見返してて、忍人さんのスチルは
千尋がほぼ写ってないことに気付いて笑った。

ということで攻略7人目は柊です。
他の人を3人以上進めないと攻略できない
制限のかかったキャラということで、
少し違った話になるのか、難しいのか。
ただ、4のシステム的に考えると
リズ先生ほどややこしいことはないだろうと、
メモを見ながら頑張って進めてみました。

ついでにサブキャラたちも地道に回収。
足往・夕霧・カリガネ・ムドラガが
孤高の書の終章を残すのみの状態なので、
柊が終わったら一度見てこようかなと思う。
カリガネの話は予想と違う方向にいったけど
切なくて良い感じですね。
あと、夕霧の話はビックリした。

柊はどこから個別ルートに入るんだろうと
思いながら進めていたら終章までいってしまい、
終章の後に個別ルートの終章が出現するという
特殊な構成になっていました。ビックリした。
なので大半がノーマルルートと同じだった。
でも7章はかなり展開が変わっていたし、
そこまで退屈することもなかったですけどね。

続きから柊ルートネタバレ感想です。


read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で4(11)
休みの間に録画を消化しようと思ったのに
食戟のソーマしか見終わらなかったです!
弱虫ペダルの新シリーズが始まるというのに、
前のシリーズもまだ見終わってなかったよ。
最遊記も鬼灯の冷徹もほとんど見ないまま
泣く泣く消去することとなりました。
3月のライオンくらいはちゃんと見たい。

さて、攻略メインキャラは残り2人。
エンディング曲も何度も聞いてきたけれど、
あれですね・・・あまり上手くない・・・。
一体何がどうなってこの人に歌わせたのか
まったくわからなくて困惑しますね!
でもじゃあ誰に歌わせようかとなったら、
うーん・・・設定的には歌なら遠夜だけど、
八葉の1人が歌うのはなんか違う気もする。

今回はアシュヴィンを攻略します。
7章から始めればすぐに進められるけれど、
その前に4章に戻って風早と柊のイベントを
回収してきました。ついでに足往も。
アシュヴィンの4章のイベントも
少し会話が追加されてたような気がします。
絆が上がってるからなのかな?

アシュヴィンルートは7章に分岐点があり、
8章から個別ルート入り、9章・終章の構成です。
立場が違う人のわりに、個別ルート入りが遅くて
なんだか意外な感じがしたけど、
よく考えたらこの人の加入は5章ラストだったね。
5章をやったのがだいぶ前だから忘れてたよ。

敵国の皇子という立場の人なので、
サザキ以上に切ない展開になるのではないかと
覚悟していたら、案外そうでもなかった。
思ったよりも穏やかでちょっと安心しました。
というか、アシュヴィン自体が最初に思ったより
ずっと穏やかな人だった気がする。

このルートで戦うナーサティヤが
なんか今までで一番強かったような気がする。
こっちのパーティ編成の問題なのかな?
でも実際強かった気がするんだよなー。

続きからアシュヴィンルートネタバレ感想です。


read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で4(10)
あまりにも画面がぼやけて読みにくいので
PS2用のD端子ケーブルを買ってみたら、
ビックリするくらい鮮明になりました。
もっと早く買っておけばよかったよ!
そしてこれが今年の初買いとなりました。
もうちょい色気のある物を買いたかったよ!

攻略は後半戦に入り、5人目のサザキです。
6章最後で分岐するので6章から・・・の前に、
さすがにそろそろ倒せるだろうということで
1章に戻って黒麒麟を倒してきました。
そのまま久しぶりに1章をやり直したら、
ところどころに未読セリフが出てきてました。
何が影響してるのかはよくわからない。

風早と柊も絆の上限が上がらないままだから、
恵の量も少なくてなかなか能力を上げられない。
サザキが終わったら2人も進めに行かねば。
本当にこの恵システムは不便だよなー。
そういや柊にモバイルジョイの案内をされたけど、
あれさすがにもう対応してないよね・・・?
ものすごく時代を感じたよ・・・。

ということで、アシュヴィンの絆も上げつつ
6章を進めてサザキルートに突入です。
個別ルートが他よりも早いということは、
今回も狭井君が出てくるんだろうなァ・・・。
さっそく狭井君の部下っぽい人たちが
なにやら不穏なことを言ってたし・・・。
ていうか熊野の人たち本当に態度悪いよね!
3の熊野はあんなに良いところだったのに!

続きからサザキルートネタバレ感想です。


read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |