ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
遙かなる時空の中で 夢浮橋(7)
引き続き2主人公編です。
このゲームは同時攻略が簡単なので
ついつい全員攻略しちゃいますね・・・。
やっぱり2本編をまったく触ってないので
細かい設定や各キャラの関係性なんかが
よく見えないのが寂しいなぁと思ってしまった。
コーエーさん、このタイミングで2の移植を
発表してくれたら間違いなく買うよ!頼むよ!

3のキャラと雰囲気が違うのは
服装の違いもあるのかもしれないですね。
2は雅な感じで服装はわりとみんな好きです。
考えてみれば3はみんな戦仕様でしたからね。
十六夜記の日常の服装も独特だったし・・・。

さて、2の双璧エンドの組み合わせは、
頼忠&翡翠、勝真&イサト
彰紋&泉水、幸鷹&泰継の4種類。
勝真&イサト以外はなんか違和感あるなぁと。
2をやっていれば妥当なペアなんだろうか?
今回は2種類回収です。

・勝真&イサト 双璧エンド
この2人は小さい時からの友達だったんですね。
仲良さそうな感じで掛け合いが楽しかったです。
木登りするイサトに落ちるのではと心配する勝真。
前もこんなことがあったよねという話になり、
大火事で焼けてしまったあの想い出の紅葉の木を
一緒に見に行こうと約束していました。
花梨がこれで本当に仲直りだね!と言ってたので、
何か事情がありそうで気になる2人です。

それを受けてのエンディング、
2人で火事の跡に紅葉の苗を植えに行ったら、
あの紅葉は焼けた後もう一度芽吹いていたと判明。
苗木は見晴らしのいい山の上に植えることにして、
この京を守ってみせると紅葉の木に誓うのでした。
すごく爽やかで前向きなラストで良かった!
2人とも花梨ちゃんにアピールするんだけど、
お前ばかりズルぞ、とか言い合ってて可愛かった。
やっぱり仲良しペアのエンディングは楽しいな。


・幸鷹&泰継 双璧エンド
天界の桃の木を見ている2人。
1つだけ実を付けていない木があることに気付き、
天女から怨霊のせいで気が乱れてるからだと言われ、
なんとかすると桃の天女と約束。

エンディング。目が覚めてみると机に桃があり、
1人だけ天女との約束の夢を覚えていた泰継さんが
食べても問題ないと言って3人で食べるラスト。
・・・桃が美味しそうという感想しかなかった!
最後まで見た後でも、なんでこのペアなんだ?と。
2人の接点がわかればもっと楽しめたのかなー。

続きから、勝真・幸鷹・泰継の単独エンドです。
read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で 夢浮橋(6)
今回から2主人公編です。
2は未プレイなのでキャラはわからないけど、
3のキャラの友情イベント回収が目的です!
友情イベントはどの神子でも同じ内容らしいので
1主人公で別に見る必要はなさそうですね。
想い出は別々に登録っぽいけど・・・まあいいさ。

花梨ちゃんはショートカットの元気そうな子。
ただ、このゲームは労力削減のためなのか、
主人公の口調がみんな同じ感じになってて
既読スキップできる部分も結構多いので、
望美ちゃんとの違いがあまりよくわからない?
すぐに修行したり戦ったりしない分、
普通の女の子っぽい気はしますけどね。

基本的に既読スキップでいけるんだけど、
なんか譲のセリフだけ妙に止まるなーと思ったら、
こいつ望美に対しては一貫して敬語だけど
花梨に対しては同級生だからかタメ口なんですね。
年上とはいえ幼なじみに対して敬語&先輩呼びなのは
いろんな複雑な思いが絡み合った結果なんだろうけど、
かと思えば年上の朔は呼び捨てにしてたりするし、
基準がよくわからないよ、譲。

友情イベントは、まあ、やっぱり薄いですね。
基本的に自分のとこの神子を心配していて、
それを励ましてあげる形式なので似たような感じ。
その中で印象に残ったものをあげてみます。

・ヒノエ
他の主人公のルートでもフリーダムな頭領。
どうせ夢を見せられるなら偵察に活用しようと
あえて敵の本拠地の夢を希望したらしい。
この時点でなんか既にカッコ良いんですが・・・。
「お前の力を貸してくれ」というのがくるのは
わかっていたけど、それがあのちょっと困った顔で、
ここでその顔は反則だよ!と思いました・・・。

・将臣
将臣の学校の教室に飛んで、しかも授業中。
ただし授業内容は八葉と神子の神隠しについて。
なんだこの授業ちょっと受けてみたい。
心配しまくってる他のキャラとは違って
あいつならなんとかなるさと楽観的だけど、
確かな信頼も感じられて、幼なじみバンザイ!

・弁慶
会うなり「君も僕の秘密を知りたがるんですね」と
言ってきたけど、そんなことはまったくなく、
何言ってんだこの人・・・?と思ってしまったよ。

・先生
先生は他の神子に対しても先生だった。
さすがに剣の修行は始めなかったけども。

薄々感じてたけど、このゲーム、
絶対スタッフにヒノエ好きがいるよね・・・!
あと将臣好きもいそうな気配を感じる。
なんかキャラによって密度の差が激しいなーと。
まあ、個人の好みと感じ方の違いだろうけどね。

四神を全部解放してない場合ボスが変わるらしく、
まずはそのパターンを見に行ってきましたよ。
小箱3つ目済みがイサトくんだけだったので
百鬼夜行を倒しがてら、イサトエンドを回収。
続きから、イサトくん単独エンドです。

read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で 夢浮橋(5)
夢浮橋の3主人公編はこれでラスト!
でも3のキャラの友情イベントも見たいので
もうちょっとだけやろうかなと思います。
全体的なキャラデザは2の方が好きだから
2主人公でちょこっとやってみようかと。

今回は九郎&先生、知盛&銀の双璧エンドと、
残りのキャラの単独エンドを一気にいきますよ。
知盛・銀は双璧なのかどうかよくわかんないが、
2人一緒だったからまあこれでいいか。

・九郎&リズヴァーン 双璧エンド
この2人は基本的に熱血修行キャラだから、
そこに熱血主人公が加わると必然的に修行話に。
この世界では剣がなくて戦えない望美ちゃんに、
徒手空拳での戦い方を教えてくれる先生と、
そんな望美ちゃんを守ってくれる九郎さん。
いや、まあこれはこれでいいんだけど、
甘さの欠片もないトリオだな!

エンディングもやっぱり修行する熱血3人組。
先生が九郎を誉めてるのがなんか珍しいですね。
最後は疲れて眠ってしまった望美ちゃんを、
九郎さんが背負って先生と共に帰っていく流れ。
頼りにされて嬉しい兄弟子・九郎さんと、
それを暖かく見守る先生が微笑ましいけど、
相変わらず色気のない展開。まあいいけど。

・知盛&銀(重衡) 双璧エンド?
小箱1つ目が銀、2つ目が知盛のイベント。
3つ目で2人が一緒に登場してました。
イベント出現の条件は何だったんだろう?
とりあえず小箱を片っ端から開けてたら
勝手に発生したのでよくわかりません!

最後の選択肢で誰も選ばずにいると、
南斗様と北斗様が最後の夢をみせてくれて、
知盛と重衡が出てくるエンディングに。
2人が死んでしまう運命を変えたいと願って、
2人も早く目覚めろよと言って終了。
そういえばもう完全に銀じゃなくて重衡だった。
これもなかなかのネタバレだけどいいのかな?

基本的に望美ちゃんは好きな主人公なんだけど、
この兄弟と絡む時だけはどうも違和感があって、
なんだかピンとこないんですよね。
いつの間にそんなに2人に入れ込んでたの?と。
知盛なんて壇ノ浦で散々倒してきた敵なのに
急に「この人も生き残れる世界を」と言われても
急にどうした!?となってしまうわけですよ。
こいつらとくっついたら八葉が報われないよなー。
いやまあ、別にいいんですけどね。

続きから各キャラ単独エンド!

read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で 夢浮橋(4)
遙かの過去のキャラソンも聞いてみようと
最近ブックオフなんかで漁っているんですが、
4のアルバムを見つけて試しに聞いてみたら
(4のCDが珍しかったのでついつい)
これもまた良い。本当に良い曲多いなぁ。
しかしいつもながら自分の流行が10年くらい
遅れているのがなんとも寂しいところですね!

夢浮橋はもうひたすらロードして
エンディングを回収するだけの状態です。
本当にただウロウロするだけのゲームだった。
そういえば知盛&銀のイベントもあったけど、
こいつらもエンディングがあるのだろうか?
最後に誰も選ばなければいいのかなぁ?

さて、今回は景時さんの単独エンドと、
弁慶&景時、将臣&譲の双璧エンドを回収です。
今作の景時はヒノエの次に好きかもしれない。
本編がシリアスな分、ほのぼの話が染みる。

・弁慶&景時 双璧エンド
南斗宮でのイベントは景時の愛馬・磨墨の話。
こんなすごい馬なんだよ!と話す2人に対して、
(高級車でペットで軍事用って感じなのかな)
という望美ちゃんの心の声が面白かったです。
このゲーム、神子の心の声が地味に面白い。
戻ったら3人で遠乗りしようと話して終了。

それを受けてのエンディング。
実際に3人で遠乗りに出かけることに。
誰かがなんとなく覚えていて提案したのかな?
自分の馬に乗ってよ!と弁慶より先に誘って、
いつになく積極的な景時さんが新鮮でした。
夢の中の弁慶のセリフを景時が言ってたし、
やっぱり2人ともなんとなく覚えてるのかな?
最後はどちらが望美ちゃんを乗せるかを賭けて
馬で勝負!というお話でした。
ここでも勝負に乗り気の景時さんが新鮮!
余り物コンビのわりにほのぼの良い話だった!

・将臣&譲 双璧エンド
南斗宮でのイベントは、
普通の生活からとんでもない世界に飛ばされて、
いつもの日常が大切だったと気付いた3人。
3人一緒にだったらまた違ったんだろうけど、
1人だけ違う時空に飛ばされたというのが
なおさら切なさを増す感じですよね・・・。
また3人で過ごせる日が来るといいね・・・。

エンディングもやっぱり夢の中で。
戦の合間の休息中に見ている夢みたいですね。
将臣が違う場所にいるから仕方なかったのかな。
夢で現代に戻った3人が百人一首を楽しんで終了。
なんか将臣が大人げなく圧勝しそうな気配(笑)
どうでもいいけど、百人一首の入ってた箱が
どう見ても夢の小箱と同じで笑いました。
百人一首の箱は普通そんな形じゃないだろ!

続きから、景時の単独エンドです。

read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で 夢浮橋(3)
このゲーム、あまりネタバレはないだろうと
勝手に思っていたけど、ヒノエの最初ので
結構ネタバレかましてきてたので、
1・2未プレイの私はあのレベルのネタバレを
くらう覚悟が必要だということなんでしょう。
まあ、そもそも未プレイの人にとっては
何がネタバレなのかわからないのですがね。

3のキャラは小箱3まで回収完了、
1・2のキャラは友情イベントを全回収。
絆は適当に戦闘すればすぐ上がるけれど、
マップを移動して回収していくのが面倒。
しかも友情イベントはどれも似た感じで、
1回見たらもうお腹いっぱいになりました。
どのキャラも自分のとこの神子が一番なのは
微笑ましかったですけどね。

PS2版で追加されたエンディングが、
2人1組になっている双璧エンド。
3の場合は将臣&譲、九郎&先生、
ヒノエ&敦盛、弁慶&景時の4種類です。
なんでしょう、弁慶景時組の余り物感は。
いや、まあいいんですけども。

ということで、今回はヒノエ単独エンドと、
ヒノエ&敦盛の双璧エンドを回収しました。
小箱3つ目を開けた状態で南斗宮に行くと
双璧イベントが自動発生するみたいです。
これを見ていれば最後にお誘いが追加されて、
3人で帰る選択肢が出てくるようです。
これを断ると通常の2人で帰る流れになって、
再びお誘い→相手選びという感じですね。

最後の選択肢のとこでセーブしておけば
全員分のをまとめて見れるけれど、
北斗宮突入のところからやり直さないと
キャラアイコンにクリアマークが付かない。
想い出には普通に追加されるからまあいいか。
どうせコンプする気はないし。
音声コンプが死ぬほど面倒そうだし・・・。

・ヒノエ&敦盛 双璧エンド
南斗宮でのイベントは2人の仲の良さが見えます。
「お前の笛にいいところをもっていかれた」
と言いつつ、声は優しいヒノエがいい感じです。
野郎には興味はないといつも言ってるけれど、
敦盛に対してはトーンが優しいとこが好きだ。
元気がない敦盛に、楽しいことは何だ?と聞くと、
子供の頃に鯨を捕りに行ったのが楽しかったと答え、
それを聞いて鯨を見てみたいと言う望美ちゃん。
「お前たちの願いなら叶えてやりたいけど」と、
ちょっと困り顔で言うヒノエがとても好きでした。

このイベントを受けてのエンディング。
目を覚ませば夢の出来事は忘れてしまうけれど、
どうもヒノエは夢の記憶がほんのりあるようで、
鯨を見に2人を連れて行ってくれているらしい。
明るい気分になったと嬉しそうな敦盛と、
いつものようにはしゃいでる望美ちゃんと、
2人が喜んでくれて満足そうなヒノエと、
めちゃめちゃ可愛いトリオで和みました。
夢の中の願いを本当に叶えてくれたヒノエの
男前さに惚れ直したわ!

続きから、ヒノエ単独エンドです。

read more ?
category:遙かなる時空の中で | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |