ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10は細々と継続中。
刻のジレンマ・クリア!
1週間夢中になって進めてしまった結果、
約20時間でトロフィーコンプとなりました。
シリーズをプレイ済みでシステムに慣れてるので
わりとサクサク進んだんじゃないかな?と思う。
ただ、脱出パートは結構時間かかったのも多かった。
1つヒントを見落とすと詰まっちゃうんですよね。
逆に1つ解ければ後はどんどんいけるんだけどね。
脱出ゲームはそこが面白くて好きです。

選択肢次第で容赦なく人が死んでいく今作、
全員が助かるエンディングに行くためのルートは
序盤からわかりやすく出現しているんだけど、
途中でパスワードを入れる箇所がいくつかあって、
一見バッドエンドにも見える他の歴史を経験して
パスワードなどの情報を得なければならない。
異なる歴史を見ることで真相に辿り着くのは
1作目の9時間9人9の扉から共通ですね。

今回は90分ごとに記憶消去される関係上、
時系列順に話が進むわけではないため、
どの部分の話なのかわからない断片を進めて、
少しずつ情報を集めていく感じになってます。
しかも、場所によって全員が生存していたり、
既に他のチームの誰かが死んでいたりと、
いろんな歴史の話が混ざってるのでややこしい。
前作の善人シボウデスで出てきた
「他の歴史に意識をジャンプさせる能力」もあり、
途中で出てくるトランスポーターの存在もあって
どの時点の誰が誰なのかこんがらがってくるし、
そこに記憶消去も絡んできてなおさら混乱!

なので最初はとりあえず解放されている話を
片っ端から見てバッドエンドもすべて埋めていき、
詰まったら他のチームを進める感じにしてました。
とにかくなかなか真相がわからないから、
ひたすら目の前の謎を解いていくしかなかった。
わけがわからないけれど脱出パートは楽しくて、
そうして進めてるうちに少しずつ話が繋がり出して、
真相が見えてくるのが面白かったです。

途中で新たに選べる話がなくなって困ったけど、
最初の処刑投票を全部見てないせいだった。
あれバッドエンドを埋めるノリで選んでいると
見落とすパターンがあるんですね。
全部埋めたのにQチームしか処刑イベントが
流れなくて、なんでだろう?と思ってました。
直前に選んだ選択肢が有効になるっぽくて、
Cチーム処刑イベントを見たかったら、
Q・DチームでCを選択し直す必要がある。
あそこだけがちょっと詰まるポイントですね。

脱出パートは悩むものもあったし
面倒なものもあったしで、楽しかったです。
VITA版のメモ機能は使いにくくてダメなので、
結局は紙と鉛筆でやるのが一番早かったな。
でもVITAならスクリーンショットを撮れば
よかったのかもしれないと後で気付いた。
あと、タッチ判定が狭い?箇所があって、
なかなか進められないとこもいくつかあった。
その辺は3DS版の方が楽だったのかも?
欲を言えば、真エンドに繋がるルート上に、
もう1つ脱出パートが欲しかったなーと思った。
最後の方は眺めてるだけになっちゃったから。

各脱出パート後に理不尽な選択をさせられて、
そこでもまた運命が分岐していきます。
印象に残ったのはサイコロのやつでしょうか。
3人が同時に振って全員1を出せば生存、
それ以外だったら死亡という酷いゲーム。
私はやり直して3回目で成功したので、
たぶん何回かやればクリアできるように
なっているんじゃないかな?

あと、実弾と空砲が半々の銃を撃って
空砲を引けばシグマ生存、実弾なら死亡という
ロシアンルーレットも印象深かったです。
これ、何回やっても実弾に当たってしまって
どうしても生存ルートに進めなかったので、
何か条件があるのかと思って後回しにしたけど、
逆に実弾が出なかったという人もいたみたいで、
単純に運の問題だったらしい・・・。

犯人判明の瞬間は、素直にビックリしました。
言われた途端に、あれはそういうことかー!!!
と納得することがいっぱいあったよ!
気持ち良いくらいまんまとだまされてしまった。
全部知った後にいろんな場面を見返してみると、
確かに不自然なところがあるんですよ。
もう本当にやられた!と思いました・・・。

あと、シボウデスとだいぶ関わってくるので、
これを始める前にシボウデスをやり直して
話を再確認しておけばよかったなとも思いました。
作中で大事な部分は説明はされてますけどね。
そういえば前作のカイルはどうなったんだろう。
四葉やアリスのその後もわからないまま終わった。
なんとなく、続編を作ろうと思えば作れそうな
終わり方をしていましたよね。
今回も売り上げはあまりよくなかったみたいだし
続編は難しそうだけど・・・。

続きからネタバレ感想です。
もう1年以上前のゲームだけど念の為。

read more ?
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
フィリスのアトリエをやるつもりだったけど、
こっちを見つけてやりたくなったので先に。

極限脱出シリーズの3作目、完結編ですね。
あんなに続編を楽しみに待っていたというのに
「極限脱出」の名前が付いていなかったから、
発売していたことに気付ていなかったのです。
タイトルの付け方もグラフィックの雰囲気も
毎回コロコロ変わるから統一感がないので、
ぱっと見で判断しにくいのが困ったもんです。
出てくるキャラや物語は繋がっているので、
中身はしっかり続編なんですけどね。

最初の方だけ少しやってみましたが、
9時間9人9の扉から1年後のお話らしい。
1作目の主人公の淳平&茜や、
2作目の主人公のシグマ&ファイも登場。
2作目のシボウデスの時もそうだったけど、
普通に過去作のネタバレを全開でされるので、
先にプレイしておいた方がいいと思います。

最初の選択肢でいきなりスタッフロールが流れて、
クリアデータ画面になってポカーンとしてしまった。
違う方を選んだらオープニングが始まったので、
そういう演出だったということなんでしょうね。
今回は3人組3チームに分かれていて、
それぞれ切り替えて操作していく形式みたいです。

とりあえずCチームを少しやってみたけど、
脱出パートに入るまでの会話パートが長い!
会話パートはただ眺めているだけになるので、
早く脱出させてくれよ!と思ってしまいました。
しかも内容がなんだか小難しいし。
たぶん重要なことを言ってるんだろうけど、
何がなんだかわからない今の段階では・・・。

適当に何個か選んでやってみたら、
仕掛けをちゃんと解いて最後に正解を選んでも
バッドエンドになったとこがあったので、
他のチームのも進めていかないとダメなのかな?
なんだかまだシステムがよくわからないけど、
とりあえず片っ端から脱出してみようと思います。

今回は、容赦なく死にますね!
シボウデスは裏切りを選んだとしても
その結果が直接誰かの死に繋がるということが
結局なかったような記憶があるんですよね。
むしろ結果的に自分が死ぬことが多かった気が。
それが今回は本当に容赦なくバタバタ死ぬ。
「このボタンを押したら他の2チームは死ぬ」
というのを押したら本当に死んじゃうレベル。
そんな調子でバッドエンドの嵐なんだけど、
前に比べてグロさも増してて、結構キツい。
でもめげずに頑張って進めてみます!

それにしても淳平くんは、
今回もキャラの印象が大幅に変わってますね。
すっかり荒んだ人になってしまって・・・。
間違いなく茜によって人生を狂わされた人だし、
淳平に対して正論を吐く茜にイラっとするなー。
お前がそれを言うなよ!的な。
淳平くんも根は良いヤツのままなのはわかるので、
最後はうまく収まってほしいなと思います。

シグマとファイのコンビは相変わらずみたいで、
シボウデスで出てたルナと同じ顔の子もいて、
Dチームも進めていくのが楽しみです!
新キャラのみっぽいQチームが、
他と比べていまいちやる気は出ないけど、
きっと進めて行けば面白くなるんだろうな。
Qで真っ先に浮かんだのはクォークだけど、
声が違うからやっぱり別人なのかなぁ?

今回もいろいろ仕掛けがありそうなので、
じっくりと楽しもうと思います!
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
FF9 (5)
大雪で積もりに積もった車周辺の雪を
掘りまくってどうにか脱出に成功しました。
掘るよりも、雪捨て場に運んで投げる作業が
なかなか体にくるんですよね・・・。
もう体がバキバキです・・・。

さて、FF9クリアしましたー!
ストーリー面白かったなぁ!ヽ(*´∀`)ノ
序盤は少々退屈な印象だったけれど、
中盤以降、話が大きく動き出してからは
急展開もあって面白かったです。

DISC3終盤の2人ずつで祠に行く場面では、
え、まさか2人×4回ボス戦!?と思ったけど
実際に戦ったのはジタン&クイナだけだった。
まあ、ダガー&エーコのところとか
回復役2人でどうしていいかわからないよね。
と一瞬思ったけど、よく考えたらあの2人
白魔導士と同時に召喚士でもあるから
案外一番安定するかもしれないですね・・・。
ビビ&スタイナーの方がヤバそうな気がする。

で、ジタン&クイナのボス戦ですが、
クイナが全然育っていなかったので大変でした。
辛うじてホワイトウィンドを覚えていたものの、
300ちょっとしか回復しないじゃないか!
一時は2人共HP1という状況にもなったけど
どうにか押し切って勝ちました。キツかった。
オートポーションを付けてればよかったのかな。
まあ、勝てたからいいか。

ジタンの故郷に到着して真相発覚。
ジタンが自暴自棄気味になってからの
仲間たちが1人ずつ助けに来るイベントが
わかっていてもやっぱり感動しました。
今までジタンに励まされてきたみんなが
ジタンを助けるために行動するというのが、
グっときますね!最高に燃えます!
ここのBGM「独りじゃない」がまた名曲!
ガーランドを倒してクジャと戦い、
怒涛の展開でDISC4へ。

記憶の場所での中ボス戦は、
マリリス・ティアマット・クラーケン・リッチ
という、なつかしのFF1カルテットですねー。
結構出番があったガーランドもそうだったけど
FF9は「原点回帰」と謳っているだけあって
FF1リスペクトの要素がいろいろ出てきますね。
ただ、これが原点回帰かと聞かれると、うーん?
ファンサービスだなぁとは思うけれど・・・?
クリスタルの存在もせっかく出すなら
もっと早くから大きく出してくれればいいのに。

それはともかく、この4モンスターは、
それぞれ使ってくる属性がはっきりしてるので
属性に合わせて装備を整えれば戦いやすい。
というか、このゲームの戦闘が全体的に
装備の属性がかなり重要なんだなと思いました。
地震とか連発されても土吸収を付けていれば
回復タイムに変貌する・・・という具合に。
だから攻略本片手に属性を把握しながらやれば
ビックリするくらい楽だろうなと思いました。

最終戦を前に一度戻ることもできるので、
一旦引き返して態勢を整えることにしました。
というのも、道中でビビがウイルス状態になって
ワクチンの補充忘れでレベル45で止まってしまい、
次のボスがレベル5デスを使うらしいと知り、
このまま突っ込んだら危険だと思ったから。

今回戦闘が長くてレベル上げがしんどいので、
とりあえず、最低限のアビリティのみ習得。
・いつでもリジェネ
・いつでもヘイスト
・いつでもリフレク
リジェネとヘイストが最重要ですね。
というか、戦闘でコマンドを選んでから
実際に動くまでかなり時間がかかる上に、
敵の攻撃演出が長かったりもするんだけど、
その間もリジェネでどんどん回復するので、
ケアルをかける前にだいたい回復済みとか、
そんな状況がよくあるんですよね。
なので、レーゼの風(全体リジェネ)を使える
フライヤが、序盤は本当に便利でした。

リジェネは金の髪飾りで覚えられるのですが、
なんか勝手に女専用アイテムだと思ってて、
おかげで男メンバーが覚えるのが最終盤に・・・。
これ覚えてればジタン&クイナのところも
もっと楽に突破できたんだろうな・・・。

ということで、万全にして挑んだ最終戦は
あっけなく終わってしまいました・・・。
メンバーはジタン・フライヤ・ビビ・エーコ。
考えてみれば全員リジェネができる今となっては
フライヤを入れる必要性はなかったかな・・・。
ビビを使うならセットでスタイナーだよなと
思ったけど、スタイナーあまり好きじゃなくて。
エーコは回復も頼もしくて良いのはもちろん、
ホーリーで攻撃もできるのが頼もしかったです。
ラスボスは、ペプシマンと散々言われてたけど
実際に見てみると、なるほどペプシマン。
ていうかおまえ誰だよ!何この唐突さ。
クジャで終わりでよかったんじゃないの・・・。

エンディングはハッピーエンドではありつつも、
ビビの語りが切なすぎて泣けました。ビビ!
遠くない未来に「止まってしまう」というのは
何度も言及されていたので覚悟はしてたけど、
みんな幸せな中にビビだけがいないのが寂しい。
帰ってきたジタンがビビのことを知った時、
どんな気持ちだったんだろうと考えると
切なくて泣けてきます・・・(´;ω;`)

他のキャラのその後は、
ガーネットは立派に女王として活動していて、
スタイナーはベアトリクスとラブラブな様子?
エーコはシド夫婦の養子になったらしい。
これが一番意外だったけど、エーコは
故郷に帰っても一人ぼっちだもんなぁ。
サラマンダーはラニと一緒に活動中?
フライヤはフラッドレイ様とくっついた感じ。
クイナは・・・なんだっけ?コックさん?

それぞれ幸せな様子が描写されていく後ろで
ビビの最後の手紙が流れていくのが切ない。
そのビビは、そっくりの子供がいっぱい登場。
この子たちも寿命が短いのかなぁと思うと、
ちょっと悲しい気持ちになってしまうのですが、
「命は続いていく」というのがテーマだし、
ビビの命は子供たちに受け継がれたのだろうと
前向きに考えてみることにしましょう。
そして流れるエンディング曲がまた泣ける。
歌詞がそのまんまビビの心情なんですね。

ということで、FF9でした。
思いっきりファンタジーな世界観が素敵で、
8人のメインキャラたちがみんな可愛くて
終わってみれば愛着がわいてしまいました。
ジタンは決断力・行動力があって男らしくて、
変な暴走したりしない落ち着いたキャラで、
好感のもてる主人公でした(*´ω`*)
ビビは最初から最後までヒロイン!
ただ、ジタン・ビビ・ガーネットはともかく、
他のキャラの掘り下げがもう少し欲しかったな。
フライヤやサラマンダーが特に物足りなくて
そこがちょっと惜しいかなーと思いました。

あとは・・・やっぱり戦闘が長い。
たとえ敵を一撃で倒せるとしても、
読み込んで戦闘が始まるまでに結構かかるし、
コマンドを選んでからも時間がかかるしで、
なかなかサクサクといかないのがもどかしい。
戦闘のテンポだけどうにかなれば
2周目もやってみたいんですけどねー。
ミニゲームとかほぼ放置してしまったし。

でも楽しかった!遊べてよかった!
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
FF9 (4)
大雪で中止になった先日のコンサートは
来月に振替公演をやってくれることになり、
新メンバー加入後の'17になっているけど
'16のツアーをやるというレアな状態に。
まあ、結果オーライではないでしょうかね。
新メンバーは、顔が可愛い子と歌が上手い子を
1人ずつ入れました!感がすごくあるけど、
まあ無難な人選だったんじゃないでしょうか。

研修生をさほど追ってない私でも
歌が上手いけどなかなかデビューできない
加賀ちゃんという子がいるのは知っていたので、
加賀ちゃんが呼ばれた時はビックリしました。
ライブビューイング会場でもどよめいてたし。
正直ルックスが微妙なところなんですが・・・。
化粧の力でなんとかなることを祈ろう。
横山さんは実質オーディション合格組で、
一旦研修生にして様子を見たようなもんだろう。
可愛かったので歌がどんなもんか楽しみです。

さて、FF9ですよ。
シドが元に戻ってガーネットが髪を切って
飛空艇を入手したところまできました。
DISC3も後半戦なんじゃないのかな?

クジャのお使いの2分割ダンジョンのとこは
なかなか面白かったですね。
魔法が使えないダンジョンということで、
ジタン・フライヤ・サラマンダー・ダガー。
残留組にエーコ・ビビ・スタイナー・クイナ。
スタイナーは離脱期間が結構長かったので
あまり育ってなくて苦労しました・・・。
クイナがレベル5デスを覚えていれば
かなり楽だったらしいんですが、
そんなものを覚えているわけもなく・・・。
あと、シドのだるまさんが転んだパートが
意外と難しくて苦戦しちゃいましたよ。
時間切れになるかと思った!

DISC3はひたすらクジャを追いかけてた印象。
異世界がどうこうとか話が大きくなってきて
どう着地するのかよくわからないけれど、
パーティメンバーはどんどん成長していて
どんどん愛着がわいてきましたよ。
ダガーは一時期声が出なくなって
戦闘でもコマンドミスを連発しだした時は
なんだよお前!いい加減にしろよ!と
ついつい思ってしまったもんですが、
髪を切って吹っ切れたみたいだし、許そう。
でもエーコの方がやっぱり好きなので
レギュラーはエーコなんですけどね・・・。

ようやく自由に世界を回れるようになったので
あちこち飛び回ってみているんですが、
今になってチョコボの存在に気付きましたよ。
これがあれば移動がめちゃめちゃ楽だったのに!
道中の敵がウザくて時間かかるなぁと思ってたら
こういうことだったわけですね、ちくしょう。
おかげでレベルはどんどん上がっていったけど
かかった時間も相当なもんだったので
もっと早く気付いていれば・・・!!

カードバトルもやりたいところですが、
さすがにストーリーが気になるので、
寄り道はそこそこに進めようと思います!
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
FF9 (3)
昨日は楽しみにしてたコンサートが中止で
しょんぼりしながら1日中ゲームしてました。
大雪で飛行機が着陸できず引き返してしまい、
肝心のメンバーが到着できなかったという話。
当日入りのスケジュールにした事務所の問題で、
メンバーには何の非もないだけに可哀相だ。
中高生も多いのにいつもスケジュールを
詰め込みすぎなんだよ、この事務所は!

ただ、ツイッターとか見てると全然関係ない人が
前日入りしないとか考えられない!とか騒いでて、
なんでチケット取ってて行く予定だった私よりも
全然行く気もなかった人が怒ってるんだろう?
と、逆に冷静になる不思議(笑)
まあ仕方ないので明日の武道館公演の方の
ライブビューイングに行くことにしましたよ。
まーちゃんの凱旋がなくなったのは寂しいけど
来年の春ツアーでまた見れることを祈ってる。

さて、FF9です。
待望のエーコが登場!この子可愛い!
ジタンを選ぶとは本当に見る目があるよね!
もう面倒くさいダガーなんてやめて
エーコを嫁にしちゃえばいいのに!
普段は明るく仲間を励ますジタンだけど
彼もまた訳アリの過去がありそうな気配で、
後半で明かされていくのかな?楽しみです。
ダガーの素性もなんとなく見えてきて、
よくわからないけど突然新しい仲間も入って
話も激動の展開、面白くなってきました。
黒魔導師の村は切なかったですけどね・・・。
ビビが可哀相なことになりそうで怖い・・・。

DISC3に突入して、ダガーは女王様に。
身分の違いからジタンがかなり凹んでて
そんなに好きだったの・・・?と複雑な気分。
それをちゃんと見てるエーコがまた可愛い。
ギャーギャー賑やかな子ではあるけれど、
自分の入る隙がないこともわかってるあたり
勘もよさそうだし、やっぱり好きだなー。

トット先生と再会してトレノへ。
カードバトル大会に参加することに。
カードバトルは何回かやってみてはいるけど、
いまいちルールがよくわからない・・・。
決勝で負けて準優勝になってしまったけれど
面倒くさいのでこのままいくことにしました。
カードをやる前に他の町に探索に行けたらしいけど
そんなことは知らずにさっさと進めてしまったよ。
このゲーム、こういう取り逃し要素が多そうだ。
攻略本を見ながら2周目をやりたいところだけど、
戦闘絡みのテンポの悪さを考えると
あまりやりたいとは思えないんですよね・・・。
テンポアップしたリメイク版が出るといいなー。

大会後アレクサンドリア襲撃の報せが入り、
スタイナー&ベアトリクスのパートに。
ここのBGM「守るべきもの」がすごく良い。
シアトリズムでもおなじみの曲なんですね。
その流れでシアトリズムをやりたくなって
引っ張り出してきてしまいましたよ・・・。
シアトリズムはやっぱりFFの方が
ドラクエのやつより出来が良いですよねー。

それはともかく、
今後はクジャとの対決になるのかと思いきや、
謎の第3勢力が突然登場してきましたね。
しかも名前が「ガーランド」
FF1に出てくる敵キャラの名前ですね。
ジタンのことも知ってる素振りで気になる!
話が大きく動きそうで楽しみです。
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |