ぽやーっとゲームプレイ日記。
ドラクエ10、アトリエシリーズをぼちぼちと。
最近はもっぱらビルダーズ。
遙かなる時空の中で3Ultimate(8)
もうすっかり春だなー
そろそろタイヤ交換しようかなー
と思ってたら、いきなり真っ白ですよ。
朝、外に出て愕然としましたよ。
でもまあ、さすがにこれが最後だろうさ。
3月もあと1週間で終わるしね!



今回は初攻略の弁慶さん。
申し訳ないんだけどこの手のキャラは
見るからに苦手で気が進まなくて・・・。
もうどう見ても何か裏があるよね?
と思わせるようなにじみ出る黒さですよ。

弁慶は景時と途中まで同時進行可能で、
比較的効率よく進めることができました。
弁慶の十六夜ルートは6章が鎌倉なので、
前回の景時のクリアデータから6章に飛び、
そこから弁慶十六夜ルートに進行。
なので、今回は通常ルートよりも
十六夜ルートを先に見ることになりました。



すごいどうでもいいですが、
ヒノエも天女がどうこう言ってましたよね。
こういうところに血の繋がりを感じる・・・!
この朱雀コンビは明王呪札を使った時の
「軍茶利明王の名の下に!」と叫ぶ声が
すごく綺麗にハモってて好きです。
青龍コンビは結構バラバラで笑った。

蜜月イベントのポイントは、
2章で花断ちを見せるのをあえて保留にして
長岡天満宮のイベントをやる必要があること。
あと2章の比叡山のイベントを見忘れて
やり直すハメになったりもしましたが・・・。

ネタバレにつきたたみます。

read more ?
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で3Ultimate(7)
すごい勢いで攻略してるように見えますが、
周回してると既読がどんどん増えていって
共通部分は大半を既読スキップできるので、
実際そんなに時間はかかっていないのです。
そんな中で未読選択肢が出てくると
ちょっと嬉しくなりますね。



今回は景時さんの攻略です(初攻略)
源氏の戦奉行で陰陽師で朔のお兄さん。
ここまで見てきた他の人たちの話で
いろいろ隠し事がありそうなのはわかってて、
いよいよ核心に迫れるのが楽しみです!

景時さんは普段は軽いノリだけど、
本当はめちゃめちゃ優秀な人なんだろうなと
随所で見え隠れ、大人な雰囲気を感じます。
移動で疲れている朔たちを気遣って
自分が疲れたから休もうよーと申し出るのが
なんかすごくカッコ良かったです。
その後朔に怒られちゃうんだけども。
あと、朔ルートで見えた妹思いなとこも
ポイント高かったですね。

攻略的には、難所はなかったはずなのに、
一番バッドエンドを見た気がします。
魔弾を覚えていないと8章冒頭の選択肢で
「一緒に逃げよう」か「一人で逃げて」しか
出なくて強制バッドエンドになるみたいで、
その部分はすぐにわかったんだけど、
8章最後のところで魔弾のLVが必要みたいで、
LV1だと普通に死んで終わってしまいました。
LV5にして挑んだら通過できました・・・。
とんだトラップだと思いました・・・。

ネタバレにつきたたみます。

read more ?
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
遙かなる時空の中で3Ultimate(6)
遙か3の戦闘は属性バトルなんですが、
ここまでみんなが育ってくると
適当に殴るだけでも余裕で勝てるので
同属性吸収の敵以外は快適になりました。
術も良いんだけど演出が長くてね・・・。



今回はリズヴァーン攻略です。
後にしようかとも思っていたのですが、
放置していたら☆4で止まってて、
2人での技が使えなくて不便だったので
そこを上げたかったというのもあります。

PS2版ではいろんな謎が判明して
先生の過去のあれこれにいたく感動して
一番好きなキャラでもあったのですが、
さすがに全部知ってから改めて見ると
前ほどの感動はわいてこなかったかな・・・。
面倒だし逃げないでよ!と思ってしまった。
それでも先生は基本的に神子大好きで
味方でいてくれるので安心感があります。
自分のルートの時が一番冷たいけど・・・。



攻略的には、1章からやり直す必要があり、
スキルを上げなきゃ進行しない部分もあり。
4章がかなり早い段階で打ち切られ、
5章から独自ルートに入ります。
景時も同時に進めるつもりだったのに
え、4章もう終わり!?となってしまった。
このルートだと熊野の協力云々も完全に
どっかいっちゃうし、ヒノエも不憫。
いやまあ、別にいいんですけども。

ネタバレにつきたたみます。


read more ?
category:VITA | comment [0] | trackback [0] | |
| Admin | RSS1.0 | Atom0.3 | |